ぐ~たらばんざい♪

ご贔屓さん中心の狂言・演劇の感想、ガキんちょの成長記録や落書きざんす。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | -------- | comments(-) | TOP↑

≫ EDIT

チョキチョキチョキ♪

「両眼天にあり、一甲地に着かず、少足八足大足二足、
右行左行して世を渡るものの精じゃ!」
蟹山伏
今日放送の「にほんごであそぼ」で萬斎さんがやってました。
いぃタイミング♪
昨日、初めての国立能楽堂で観てきました狂言『蟹山伏』。

「能を知る会 東京公演別会」
2008年6月8日(日) 13:00始 17:30終(休憩20分)
講演「宗教劇としての能」 増田生造
能「清経」替之型 五木田三郎
狂言「蟹山伏」 野村萬斎
能「誓願寺」 中森貫太


能は初めてです、目的は野村萬斎さん。
「誓願寺」にもご出演です。


能「清経」と「誓願寺」は特別に長い演目らしく、「この演目を一緒に観れる機会はそぉそぉないですよ」とのことでした。ちょっと得した気分。
あまりに能に関しての知識が今の自分にはないので、感想は簡単に。
装束がとても綺麗、動きがとてもゆっくり。小鼓・大鼓・笛、奏でる方が変わると全然違ってくるんだなぁ、って。「よぉ~~~~っっ」とかゆぅ掛け声(何て言うんだろほんとは?)も全然違うのだ。
「もっと元気に暴れまくる演目もあるんです」とのことなので、元気な能ってのも観てみたいです、今度は。
あ、「誓願寺」での萬斎さんご出演時間が意外に長くて、ホホホでした。

『蟹山伏』
山伏 野村萬斎、強力 破石晋照、蟹の精 野村裕基
あらすじ:修行を終えた山伏が強力を供に連れ帰郷する途中、「両眼天に有り、一甲地に着かず、少足八足大足二足、右行左行して世を渡るものの精じゃ」と謎かけをする異様なものに出会う。山伏はこれを蟹の精であると知る。強力が金剛杖で打ちかかると、蟹の精はその耳を挟む。山伏が祈ってはなさせようとするが、呪文の効果はなく、山伏自身も耳をはさまれてしまう。

狂言って可笑しいっ。「だから狂言なんだろ」って言われりゃそぉだけど、でも「ばっかぢゃないのぉ~~!?」って言いたくなっちゃう、。演者が舞台に出てくるときから、その表情がタマラナイ。こっちまで顔がほころびます。この山伏も厳しい修行をしてきたんだろな、もぉ~自分にはコワイものは何もないと鼻高々。お供の強力も主人をもちゃげるもちゃげるっ。そんなくせして、得体の知れないものが現れると主人を盾にしたりする。2人して「お前がやっつけろ」とバタバタするのも可笑しい。「ひゃぁ~~、痛い痛いっっ!」って2人して耳はさまれちゃってっ。
狂言の中に出てくる人って(まだちょっとしか知らないけど)、いくらやられても懲りないとこが楽しいね。前向きだよね。
蟹の精君も、あんなに小さいうちから舞台出るんだねぇ。よく覚えられるよな。
スポンサーサイト

| 野村さんあれこれ | 2008-06-09 | comments:4 | TOP↑

COMMENT

親子共演だったんだねぇ♪
首が長いところもソックリなんだよなぁ、この親子(笑)。
バカバカしいことをマジメにやるから狂言って、面白いんだよねっ!
古典芸能は「面白い♪」って思って見続けるか「興味ない」って終わらせるか、第一印象で決まるからねっ。今は面白い演目を選ぶほうがいいよ♪
雨利はしんなりと舞う能より、力強く舞う能のほうがスキ!
ちなみに狂気的なシーンになると太鼓が出てくるんだって!今度、能を見る機会があったら、思い出してみて!

| 雨利 | 2008/06/10 22:54 | URL |

雨利すゎん♪

うん、裕基君も出てたよ、日曜日とか関係あんのか?
「狂言劇場その壱」DVDも買っちまったんだけどさぁ、
こんなに面白いもんだったんだぁって思うだよ。
私の場合、何事もミーハー目的だから、
今のところは萬斎さんご出演の狂言に絞って観よぉと思ってまする。
能の合間の狂言ってさぁ、この日にフと思ったんだけど、
海外でのライブでメインArtistが出る前の無名前座みたいな雰囲気だったのよね。
ちょっと寂しさを感じましたが、ホントのところどぉなんだべさ?

| とぐろ | 2008/06/11 17:06 | URL | ≫ EDIT

学校がお休みだからだよ!

能の中で演じる狂言は、間狂言(アイキョウゲン)。。。略してアイって呼ばれるのね。
能は前後半の二部構成になってて(登場人物に前シテ・後シテって書いてある)その間に狂言師が登場するから間狂言(そのまま!)。
アイの役割は「こうゆうことがありました!」って説明するのがお仕事。だから能を初めて見たにしては、素晴らしいとこに気づいてるよっ!

その壱を買ったの?
ぢゃあ今度“翁”を一緒に観に行こう♪モチロン、マンサイ氏の三番叟でねっ!

| 雨利 | 2008/06/11 22:29 | URL |

雨利すゎん♪

いやぁ~、だってね、能「清経」の後、多くのお客さん達がトイレとかに行っちゃって、「蟹山伏」始まってるのにまだ戻ってきてない席が沢山あったりしてね、、、。
なんだかオマケみたいな感じに思えちゃってさ。
そぉなのか、そぉゆぅ役回りなんだぁ。。。
某動画サイトの「三番叟」で萬斎氏にオチた私だったりします。
「三番叟」を生で観れるならどこへでもっ!って言ぃたいくらい今一番観たい演目よぉ~~♪

| とぐろ | 2008/06/12 02:09 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。