ぐ~たらばんざい♪

ご贔屓さん中心の狂言・演劇の感想、ガキんちょの成長記録や落書きざんす。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | -------- | comments(-) | TOP↑

≫ EDIT

反省文は40点・・・

「精神誠意お詫びします。」
「人の命を奪うことは許されないこと、命の重さ、尊さを知りました。」
ホカベン大沢
「あのさぁ~、こんなの書く意味あんの?」
「刑務所に入らないようにするためには必要なんだよ。」

えぇ~~!?それこそ何の意味があるのよっ、反省文!?

『ホカベン 第3話』
2008年4月30日(水)
ゲスト:田中哲司

示談を進める弁護士大沢。。。
「示談にもタイミングがあるんですよ、もはや話になりませんね。」
弁護士には依頼人を守る義務がある、、、、。

保護処分・・・少年は少年法で守られている。
前科はつかない、刑罰も受けない、殺人者にもならない、、、、、。

「被害者は泣き寝入りしなければならないんですか?」
「法律は加害者を甘やかすんですか?」
少年事件の審理、弁護士は手出しできない。
弁護士に法律を裁くことはできない。

怖いです、、、。
人の命を奪った人間が、なんの罪も受けずにいる世の中。。。
「勝手に死んだのがいけないんだ。」なんて言われてしまう。
事件に巻き込まれないよぉに気をつけてるしか、平和に暮らす方法ってないのかなぁ、、、?
スポンサーサイト

| うひひな方々あれこれ | 2008-05-03 | comments:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。