ぐ~たらばんざい♪

ご贔屓さん中心の狂言・演劇の感想、ガキんちょの成長記録や落書きざんす。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | -------- | comments(-) | TOP↑

≫ EDIT

観ました♪『ビリーバー』初日

『ビリーバー』
2010年9月3日(金) 世田谷パブリックシアター
19:00開演 20:48終演

作:リー・カルチェイム
演出/上演台本:鈴木勝秀
出演:勝村政信、風間俊介、草刈民代、川平慈英





初日観てきました。
なんか客層が違うなぁ~、と思ったら、息子役を演じる風間さんってジャニーズなんですね。
セットはいたってシンプル、黒い箱を組み合わせて椅子になったりチェロにまでなっちゃいます。
いかにも翻訳劇な感じ、勝村さん演じるハワードの台詞が多いこと多いこと。
その勝村さん、誠実で優しく子供の純真さを無くしてない科学者を大汗かきながら熱演。
9歳の少年を演じる風間さんも、実際の歳を感じさせず少年でした。
草刈さんは家族を愛する母親役、お堅い学校の教師、ちょっとトンでる北極の大学生を上手く演じ分けてます。
占い師、精神科医、ダフ屋(みないな男)、サンタさん等何役も演じる川平さんは、ちょお~っと皆同じよぉな感じに見えてしまったのは私だけかな。ピザショップのお姉ちゃんは半ケツで可笑しかったっす。
アメリカの作家さんが書いたお話ですよね、9.11の事件を観る側がどれだけ現実的に感じてるかによって、このお話のとらえかたも違ってくるんではないかと思いましたぁ。
占い師の過去・現在のお話はとても興味深かったッス。
スポンサーサイト

| 舞台を観る | 2010-09-04 | comments:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。