ぐ~たらばんざい♪

ご贔屓さん中心の狂言・演劇の感想、ガキんちょの成長記録や落書きざんす。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | -------- | comments(-) | TOP↑

≫ EDIT

観ました♪かな?『MANSAI 解体新書 その拾七』

野村萬斎芸実監督企画 第拾七弾
『MANSAI 解体新書 その拾七』
「聲(こえ)の七変化(バリエーション)」~謡と歌のあわい~
2010年5月18日(火) 世田谷パブリックシアター
19:00開演 21:10終演

◆企画:野村萬斎
◆出演:酒井雄二


立ち見の方が結構いらっさるなぁ~なんて思ってたら、萬斎さんによると、以前「今までで一番大勢のお客さんが押し寄せた」といわれていた元宝塚の方がゲストだった時よりさらにお客さんが多かったらしく、当日券も100人以上の方が買うことができずに帰られたらしぃとのこと。チケットをgetできたのもかなりな競争率だったらしぃッス。
ゴズペラーズって凄く人気あるんですねぇ、自分が邦楽ほとんど聴かないので知らなかった。。。
酒井さんとゆ~方は笑いを取らないと気が済まない方のようで、萬斎さんとのお話も楽しく聞かせていただきました。
かなりクダラネェ~~と思うような笑いも提供してくださいまして酒井さん、そんな酒井さんのお話を聴きにこられたお客さんのノリもよろしくて時間がアッとゆぅ間に過ぎていったのでありました。




今回の解体新書を観にってか聴きにきた第一の私の目的ですが、萬斎さんの歌声が聴けるかも~なんて、スイマセン、あんまり真面目でなくて。
この目的、まぁまぁ達成でけた、、、のかな。
某CMでゴスペラーズが歌ってます「ウイスキーが、お好きでしょ」のメインのパートを萬斎さんが歌いました、が、コーラスと一緒だったからねぇ~。
「水汲」の謡いも、ボイスなんちゃらとゆぅ機械でもって全て萬斎さんの声でコーラス付けて謡ってくらさいましたが、現実にはこんなことでけない超豪華なコーラスだったはずなんですけど、いつもは地謡の方の声のなかで凛っと際立つ萬斎さんのシテ謡の声なはずが、萬斎地謡の声に溶け込んでしまっちゃって、なんだか勿体無かったッス
謡いは歌ぢゃぁないんですですねぇ、語りなんですねぇ、って今更な私だったりします
スポンサーサイト

| 舞台を観る | 2010-05-18 | comments:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。