ぐ~たらばんざい♪

ご贔屓さん中心の狂言・演劇の感想、ガキんちょの成長記録や落書きざんす。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | -------- | comments(-) | TOP↑

≫ EDIT

観ました♪『夜の来訪者』

まず段田さん、そしてこれが舞台初観となる高橋さんに惹かれ、チケット発売当日に外出していたとぐろですが相方にお願いしてgetしてもらったお芝居です。

シス・カンパニー公演
『夜の来訪者』
2009年3月7日(土) 紀伊国屋ホール
18:30開演 20:40終演

翻案:内村直也
演出:段田安則
出演:高橋克実、渡辺えり、坂井真紀、八嶋智人、岡本健一、梅沢昌代、段田安則

<あらすじ>
舞台は、一代で財を成した実業家の邸宅。娘の婚約で華やぐ一家団欒の場に、一人の警官が現れた。男は、ある小さな事件の報を家族にもたらすが、誰一人、何の関わりがあるのかさえわからない。やがて、男が投じた一石は、家族の心に波紋を描き、大きな疑念が渦巻いていく・・・(紀伊国屋ホールサイトより)




初めての紀伊国屋ホール、横が狭くて縦長なのですね。いっちばん端っこの席だったんですけど、隣に座った方がとてもデカくて前をすり抜ける余裕すら無かったもんですから、休憩時間にロビーで腹ごしらえしたかったのにできず。始まる前にヨウタシテおいて良かったぁ~、ホッ。お願いっ、両脇にも通路を作ってくださいっ!

舞台は昭和40年代、昔の裕福な家の居間ってこんなんだったんだろなぁ~、暖炉(があったと思う)、バーカウンター(これも多分。右端席だったので見えなかったもんで、テキトーでスマソ)、居間のドアは板チョコみたいでいかにもって感じなセット。梅沢さんが歌いながら部屋の片付けをする場面で始まります。今回は品の良いお手伝いさんですけど、ちょっと昨年観た「sisters」を思い出しちゃいました。橋詰と名乗る警官一人の登場で、幸せムードぷんぷんだった工場主一家&婚約者の5人の間に不協和音が生じていく。高圧的な態度でしかも言葉巧みに5人それぞれが気付かぬうちに犯していた罪を暴いていく橋詰。全てを暴露させ「時間が無いのです。」という言葉を残して橋詰が去った後、初めて橋詰の不自然な行動に気付く5人。そして”橋詰は偽者”という結論に達して安堵する5人、、、そこに電話のベル、、、一人の女性が自殺した知らせの電話に呆然とする5人、そして警官が事情を聴きに尋ねてきた。。。ってあらすじになっちゃったぢゃん。橋詰ってイッタイ誰ってか何者だったんでしょ!?自殺するところまで追い込まれた一人の人間が作り出した亡霊!?死神?それとも本当に全てを知っていた人間?「もう時間がありません。」って言ってたのは本当に事件が起こる時間のことだったんですよね。5人の罪は、犯した側からすればさほど大したことではありません。特に、工場主に関してば経営方針に反発した従業員を辞めさせるなんてことは当然のように思いますし、多少傲慢かもしれないけれど、自分のことを嘲笑ったように見えた店員にクレーム付けるのも普通ぢゃん、みたいな、それより店員なら誤解されないような態度で客に接っすればいぃんでないの?なんて思ってしまう、そんな私は冷たく身勝手な人間です、スイマセン。てな訳で、「あなた方は大変な罪を犯してるんです」みたいなこと言われても、私にはあまり響かなかったですねぇ、、、。面白かったのは、人間って”言葉”でど~にでも動かされてしまうんだなぁってことです。確信も何もないはずなのに巧みな言葉に翻弄され、自分の内に隠しておいたものまでどんどん暴露してしまう。でもそれってやはり何か後ろめたいものがあるからなんでしょうね。人間何年も生きてりゃ誰しも「あぁ、あん時あんな事しなきゃよかった」みたいに後ろめたく思ってることはありますよね。ふぅ~、気をつけなきゃですなっ。なんて、全然ズレたところで考えちまったりした私でした。

高橋克美さん(秋吉兼路)
戦争を経験し裸一環で自分の工場を大きくした社長の役。高橋さんを知ったのは八嶋さんと一緒の番組ヘェ~の進行役。無知だった私は最初はお笑いの方かなんかだろ、なんて、、、役者さんだと知ってからはずっとナマのお芝居を観たいと思ってました。ガタイがデカいので舞台栄えはするし、声もデカいし太いし、ブランデー(かな?)片手の和服姿も似合ってるし、貫禄あっていかにも社長っ!って感じでした。頼りがいありそ。それに、、、カッコイィんですねぇ~。そして怒るとコワいっ。オタオタした奥様役の渡辺さんに足を踏まれちゃうのは、毎回?それとも偶々?私はドラマはほとんど見ないので、現代劇での役と比較はできませんが、このお芝居の様に一時代前の役って似合ってるように思いました。

坂井真紀さん(秋吉千沙子)
お嬢様育ちの高慢ちきな娘。でも純粋なんでしょね、自分の犯した罪を素直に受け止め深い罪悪感に悩み、そして人間の醜さにも気付いていく。初観です、笑わすところはちゃんと笑わして、なんか上手いなぁ~って。なんの苦労も知らない箱入り娘をブリブリといぃ感じで演じてられました。語尾が全部上がるみたいなとこは、ちょいとばかし秋山菜津子さんの演技にも似たところあり?あの早口であの台詞、よくも噛まずに言えたもんだぁ。

八嶋智人さん(秋吉兼郎)
まず舞台に登場した途端、そのステキな背広にビックラ!あれはど~ゆぅ意図で?金持ちだから伊達男狙ったつもりが、、、みたいな設定ですか?でもそんな背広が気にならなくなるような息子役、自分では何も出来ないくせに偉そうなことを偉そうにホザく甘ちゃん君。小柄な方なので金持ちの若造役にすんなりハマって見えました。「盗んだ金だから受け取ってくれなかったし、その後会ってくれなかった」と言う場面の涙は、自分の犯してしまった罪の深さからくる涙ですよね?自分だけで何かをやろうと思ってはいるものの、そのまでの実行力がなく結局いつも他人に頼ってしまう、そんな自分に少なからず嫌気がさしているっぽい兼郎君。八嶋さん本当の涙を流されてましたねぇ。

段田安則さん(警官橋詰)
出てきただけで警官ってこともあり空気がイッキにキュキュッと締まる感じです。そして相手に有無を言わせない押しの強さ、眼光の鋭さ、なんだか誰かの台詞と同じになっちゃうけど、でも本当にそんな橋詰でした。段田さんのお芝居を観たいと思っていたぶん、終始厳しく高圧的に押し捲る警官役ってことでちょっと物足りない感じはありましたけど、、、。でもなんだか訳ありな雰囲気を醸し出していたのは段田さんだからでしょね。台詞だけでもってくこ~ゆうお芝居の演出は難しいだろけど楽しいでしょ~ねぇ。一つの台詞の出し方で、全然違う方向に行ってしまったりしそうだし。う~ん、でもやはりお芝居してる段田さんが沢山観たいです、はい。

岡本健一さん(森永良三)は、、、自分と自分に関係のある人間さえ良ければいぃ、赤の他人がど~なろうと知ったことではないっつぅ一見優しそうだけど実はかなりの身勝手人間の雰囲気、よく出てました。勿体無いのは、声がちょっと、、、ペタペタ話す感じで滑舌があまりよろしくないかも。もっと腹から出した声を聴きたいです。「氷屋来たる」のドン・パリット観たかった。
渡辺えりさん(秋吉和枝)は、見た目の貫禄そのままの奥様役、自分の娘息子をネコッ可愛がりする母親役もピッタリでした。
そして、梅沢昌代さん(女中ゆみ)なんですが、これだけ有名な役者さんなのに出番が少なくてかなり残念、もしかしたら何か秘密があったりして、なんて最後まで「実は・・・」とか言って出てくるかも~みたいな期待が捨てられなかったのも事実です。

ってことで、ワンシチュエーションの台詞劇、サスペンスどうのこうのより達者な役者さん達の期待通りのお芝居が観れて満足いたしましたぁ。
スポンサーサイト

| 舞台を観る | 2009-03-07 | comments:6 | TOP↑

COMMENT

面白かった

先にトラバっちゃいます。

克実さんお初でしたか~
テレビと違ってちょっとかっこよくない?

感想お待ちしてま~す♪

| ぴら | 2009/03/13 14:47 | URL | ≫ EDIT

ぴらさん♪

やっと感想書き終えましたぁ、なんだこの時間は!?

克美さん、かっこよかったですよぉ~。
また他の舞台でも観たいザンス♪
八嶋さんも、舞台初観が「49日後」だったから、
今回真面目な役観れて良かったダス。
カーテンコールってサラリと1回だけなんですねぇ。
回数なんかどぉでもいぃとは思いつつ、もぉ1回くらい拍手したかったかも。

| とぐろ | 2009/03/14 05:54 | URL | ≫ EDIT

あー!

とぐろちゃんの感想読んで、思い出した!
橋詰が「時間が無いのです」って何度も言ってたね。
これって、本物(?)の警察から、
電話が掛かってくるのを分かってたって事だよね。
ん~、ますます謎だ。
正体が分からない!!(笑)

梅沢さんに関しては、本当に勿体無い使い方でした。
ラストに”大ドンデン返し”があるのかと期待しちゃうよね。
自殺した女は、実は私の娘だった・・・とかね。(笑)

芸達者な役者により大人のサスペンス。
大満足でした♪

| 麗 | 2009/03/15 22:35 | URL |

麗さん♪

そぉそぉ、橋詰ったら意味ありげに言ってたんですよぉ。
この後、本当に事が起こるってことを意味してるんですよねぇ。
何者だったんだろぉ~~~?
全く隙が無かったですもんねぇ、橋詰ったら。
梅沢さん、きっと観てたお客さんの多くが思いましたよね!?
ってことはこの舞台作ってる方達も思わなかったんダベカ?

高橋さんカッコヨイし、段田さんももちろんステキだったし、
満足しましたぁ~♪

| とぐろ | 2009/03/16 18:06 | URL | ≫ EDIT

過去レスで・・

とぐろさん♪
すんません、余裕が無くて今頃になっちまいました。
克美さんお初だったんですか~!声が通るし、いいでしょぉ?
現代劇もいいですよー。
橋詰は最初は別の役者さんを探していたんですよね?
でもピッタリの人が見つからなくて、自分でやる事にしたってどっかの
インタビューで読みましたが、なかなか他の役者さんでは難しい役でしたねー

| みんみん | 2009/03/29 16:57 | URL |

みんみんさん♪

ひゃぁ~、私こそお返事が遅くなってしまってすみませぬぅ~。
そぉなんです、舞台で観たいと思ってたんですが、
機会がなくて克美さん初めて。
実はカッコ良い方だったんですねっ♪
また次は現代劇で観たいです。
橋詰はそ~だったんですかぁ。
地味そぉなんだけど、出てくるだけで空気が変わるよぉな
役者さんってのも、探すの難しいそ~ですもんねぇ。

| とぐろ | 2009/04/01 11:01 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。