ぐ~たらばんざい♪

ご贔屓さん中心の狂言・演劇の感想、ガキんちょの成長記録や落書きざんす。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | -------- | comments(-) | TOP↑

≫ EDIT

観ました♪『新春名作狂言の会』

”毎回好評の茂山千三郎、野村萬斎 両氏による解説トークに引き続き、ご両家の芸風を活かした名舞台をご披露いたします。そして東西の人間国宝の円熟の舞台!”
ってことなので、観に行ってまいりましたぁ。

『新春名作狂言の会』
2009年1月23日(金) 新宿文化センター大ホール
19:00開演 21:00終演

解説:茂山千三郎、野村萬斎

『佐渡狐』
佐渡のお百姓:茂山千五郎、越後のお百姓:茂山千三郎、奏者:茂山千作、後見:島田洋海

『釣針』
主:野村万作、太郎冠者:野村萬斎、妻:月崎晴夫、腰元:高野和憲、竹山悠樹、中村修一、岡 聡史、乙:石田幸雄、後見:深田博治


茂山家のお話はよく聞いていましたが、観るのは今回が初めてです。
いやはや、流派で全然雰囲気違うんですねぇ。




解説で最初に登場されたのは茂山千三郎さん。『佐渡狐』では賄賂渡す様子や、奏者が佐渡に助け舟を出す様子が可笑しいですから、とのこと。落語家みたいな雰囲気の方ですな、元気で判り易いお話ぶりです。そこへ萬斎さんが登場され、二人でトーク。まず、座って解説派か立って解説派か、で「能舞台だと座りたくなりません?」と千三郎さんに訊ねられた萬斎さんは「手持ち無沙汰なので、立ってあっち行ったりこっち行ったりフラフラしながら解説します」。千三郎さん「舞台を見上げた方が笑い易いそうです、なので落語では高座と呼ぶとか」、萬斎さん「ほ~、なるほど」。茂山家では「附子」や「棒縛り」など内容が変わってしまった曲があるそうで、それを聞いた萬斎さんは「その二曲に関しては、あまりに演じ過ぎて体に染み込んでしまって変えようがない」だそうです。「いつも二人だと予定時間をオーバーしちゃうんですよね」とトークを切り上げ、「同じ舞いでも流派で違いがあるので、可笑しかったら遠慮なく笑ってください」と『宇治の晒』を一緒に舞ってくらさいました。同じ曲なのに出だしから全く違うってのも不思議ですね、型は似てるのに向きが違ったり、でも最後はピタッと合ったりしちゃうのね。謡いの節も違ったりなのに、一緒に謡って判らなくならないんですかねぇ?小舞の前に萬斎さん、ステージ上にセットされた能舞台の中心線を指して「ここが真ん中ですね」と各々の領域を確認(笑)。お二人の舞を両方いっぺんに観たい私としては、左右の目がカメレオン状態ですた。千三郎さんが最初の演目の準備のためバトンタッチした萬斎さん、やはり立ったままで解説。太郎冠者の装束がトリコロールで派手めなこと、欧米でもピエロやアルルカン等道化を演じる者は派手な衣装をきていること、えびす様の名前の由来から『釣針』での名前がえびす三郎であること、両手に持っているものが鯛と釣竿であること、”狂言ですから”と釣ってる場所がどこかは気にしないこと(台所か?風呂か?便所はイヤだ、とかなんとか)、『釣針』での万作さん主&萬斎太郎冠者は初めてかも、等々お話してくらさいました。そしてちょっと舞台袖を確認、まだちょっと時間があるらしく、お土産ってことで「釣~ろ~よ~釣~ろ~よ~~」の練習です。ひゃぁ~、やっと聞けたよリ”ピートアフターミー”、ガハハ!2回程リピートアフター萬斎さんで、「これは簡単ですね、釣狐が終わる頃には耳にタコになるくらいコレを聞くことになります」ってことで観客を笑わせて解説終了ですた。

『佐渡狐』
<あらすじ>
佐渡と越後のお百姓が、都へ年貢を納めに行く途中に出会い仲良く同道する。佐渡に狐がいる、いないで争いになり、小刀を賭け奏者の判定を仰ぐことになる。先に年貢を納めた佐渡は、奏者に賄賂を贈り、佐渡に狐はいると判定してもらう。納得のいかない越後は、狐の姿形について佐渡を問い詰めるが、奏者の助けで答えることができる。佐渡と奏者がグルであることに気付いた越後は、奏者が居なくなると佐渡に狐の鳴き声を尋ねるが、鳴き方を知らない佐渡は苦し紛れに「東天紅」と鶏の鳴き声を答えたので、越後は子刀を奪い返し去っていく。

初めての茂山家です。今迄野村家の狂言しか観た事がなかったので、まず発声の違い、喋り(語りと言うんでしょか?)のスピードやテンポの違い、足運びの違いにちょっと驚き。茂山家の方が全て微妙に速いように感じたんですけんど、どぉなんだろ?喋りも台詞の頭でかなり力んでるよぉに思え、んでもって全体的に野村家よりも声が大きいので、それに耳が慣れるまでにちょっと時間がかかりました。曲の内容はかなりドタバタコント系、『佐渡狐』を観るのが今回初めてなので判らないけんども、越後が佐渡を問い詰め急かしまくる辺り、かなり演者の色が出まくってる感じがしました。これなら段々と内容が変わっていくってのも判る気もします、はい。あの勢いであの声で「ど~だど~だ、早く早く」とせっつかれたらドギマギしちゃうよぉ。佐渡のお百姓さん可哀そぉ~~、でも笑っちゃったけど。袖の下を受け渡した時の奏者と佐渡のお百姓二人のニンマリ笑顔は、たまらなく幸せそうで(そして同じお顔で)爆笑でしたぁ。

『釣針』
<あらすじ>
共に独身の主人と太郎冠者が連れ立って西宮に参詣すると、夢のお告げがあり釣針を賜り、それで妻を釣ることになる。太郎冠者が「釣ろうよ、釣ろうよ」と節面白く声をかけながら釣針を投げると、主人の妻、腰元達、そして太郎冠者の妻まで釣り上げることができた。主人は妻と腰元達を連れて先に帰り、残った太郎冠者は「何年も連れ添おう」と恥ずかしがる妻の被衣を取ると醜女であった。驚いた太郎冠者は逃げようとするが、妻はどこまでも追いかけていく。

舞台奥に金色の模様の幕、バックからの薄青の照明で金の模様が目出度い雰囲気に浮き出でます。万作主人はやはり品が良いですねぇ。さて何歳の妻を釣り上げようかと萬斎太郎冠者「70歳あたりで?」で客爆笑、そりゃいくら万作さんのお歳に合わせたからって、初めての妻で70歳はないですよね。で、主人は自分で釣るのは恥ずかしいなんて言ってるくせに、妻の条件は厳しいのです「13、4歳だと幼すぎるから17歳辺りがイィ♪そして美人に越したことは無い」だって。「釣ぅ~ろ~よぉ~、釣ぅ~ろ~よぉ~~、美人の奥様釣ぅ~ろ~よぉ~~」なんて最初は半信半疑なんだろけど謡い踊りながら釣竿を投げると、、、「釣ぅ~ろ~よぉ~、つ~・・・!?釣れましたぁ!」って、派手な被衣で顔を隠した妻が中腰で釣針にくっ付いてくる、この有り得なさが面白いです。次には腰元がゾロゾロと中腰で連なって出てくる姿にもかなり可笑しい。自分の妻として釣り上げた女の顔を見た瞬間の萬斎太郎冠者のあの驚きようって!凄いわ~、声には出さないけれど「ぎゃーーっ!」って顔っ!!10秒くらい固まったままだったのではないでしょぉか、太郎?狂言面にはあんな頬ポンポンのもあるんですねぇ。離れた所で、妻に触れてしまった手を汚いものでも触ったかのように叩く太郎冠者、そこまでするか!逃げようとする太郎冠者に後ろから抱き付いたりして、橋掛かりをくねくねとブリっ子しながら追いかける石田妻、そんな石田妻のブリブリっ子な様子も可愛いような気色悪いような、、、!?太郎冠者が釣り上げる時の舞い(?)、跳びはねたりと釣る度ごとに派手になっていくのも可笑しいですね。そいえば萬斎さん、一瞬早まって台詞言ぃそ~になっちまったとこありましたけど、そんなこともあるんですねぇ。んでもって髪伸びたまんまですた、前髪目に入りそうだよ。

今回は、せっかく高野さん出てらっさったのに声も聞けずですた、ちょっと残念。。。ぐはは。
スポンサーサイト

| 伝統芸能を観る | 2009-01-23 | comments:2 | TOP↑

COMMENT

初・茂山家

茂山さんち、どないです?
昨日の名古屋では終演後に集まったメンバーの皆さん、千三郎さんがご贔屓で、その魅力を力説しておられましたです(^^)
初・千作さんについては言及してはりませんが、どないでしたか?
セリフの頭で力んではるとも言えるでしょうけど、茂山家の方が全体に声がデカイよね。
簡単に言うと茂山家にはところどころ爆笑があって、万作家にはほのぼのとした笑いがあると私は思うんですけどね。

| にこりんぼ | 2009/01/25 17:37 | URL | ≫ EDIT

にこりんぼさん♪

はいはい、確かに観てて声デカいよぉっって思いました!
なので、ちょっと書き足しました。
お家によってこんなに違うもんか、とちょっと驚いてます。
今回の曲はとにかく私には勢い良過ぎちゃったんですけど、もう何回か観れば茂山家の狂言にも慣れると思います、面白かったですもん。
千作さん、初めてなので私には普通のおじぃちゃんですた、、、すんまへん
千三郎さんは、私もかなぁ~りミリキ的な方だわぁ、、と思っちゃいましたよ~、へへへ。

| とぐろ | 2009/01/26 02:00 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。