ぐ~たらばんざい♪

ご贔屓さん中心の狂言・演劇の感想、ガキんちょの成長記録や落書きざんす。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | -------- | comments(-) | TOP↑

≫ EDIT

観ました♪『冬の絵空』

橋本じゅんさん、そして初めてナマ舞台を観ることになる生瀬さんの名前につられチケット入手。懐と相談の結果、お財布に優しい3階席からの観劇です。3階席とはいえ最前列は観易いですのぉ。

『冬の絵空』
2009年1月18日(日) 世田谷パブリックシアター
18:00開演 20:45終演

作:小松純也
演出・上演台本:鈴木勝秀
出演:藤木直人、橋本じゅん、中越典子、中村まこと、片桐 仁、伊達 暁、新谷真弓、六角慎司、内田 滋、小松利昌、前田 悟、武田浩二、安田桃太郎、八十田勇一、粟根まこと、加藤貴子、生瀬勝久
<あらすじ>
時は元禄。人気役者沢村宗十郎は、豪商天野屋利兵衛に娘おかるを嫁にしたいと懇願するが全く相手にされない。大石内蔵助は、主君浅野内匠頭が吉良上野介との刃傷沙汰にりり切腹、領地召上げとなった後も、なんとか浅野家の再興を図ろうとする。討ち入りに逸る赤穂浪士達を抑え、まだ機は熟していないことを説くとともに、各々の身の振り方を考えるように進める。一方、天野屋利兵衛は大石と赤穂浪士達が主君の無念を晴らすべく討ち入りすることを期待していたが、大石にその意思が薄く赤穂浪士の評判も落ちていることを知り一計を案ずる。天野屋は宗十郎におかるを嫁にやることを告げ、その条件として宗十郎にある芝居を演じさせるのであった。




土曜日なのに空席が目立ってました、いぃんだろか、こんなに空いてて。
舞台セット、意外に大掛かり。今迄SePTで観たお芝居のセットはわりとシンプルなものばかりだったので、ハァ~こんなものやるんだぁ、なんて思ってしまいました、私の中ではこんくらいのセットのものはセアターコクーンだったので。そのセットの入れ替えの為なのかどうか暗転ばっかりで、ストーリーがどうのこうの言う前に話がブツブツ途切れ、やっと話に入り込んだかと思うとアッという間に現実の世界に戻されちゃうって感じで、やたら散漫に思えちましました、だもんだから上演時間2時間45分がとっても長ぁ~く感じられました。急に堀部安兵衛夫婦のお涙頂戴場面になったり、殺陣が踊りみたくなったりで、演歌歌手のリサイタル?舞台で演技できる役者さんとその反対の役者さんの違いがハッキリと判り、できない役者さんが喋り始めると気が抜ける。後半からは一昨年暮れに観た『座頭市』を思い出しちまいました、最後の方に火事の場面はあるは、桜散る中を去る場面あるはで、なんか似てる。最後に出てくる桜の木のセットは美しかったっす。ってか、結局主役は誰だったの?

藤木直人さん(沢村宗十郎)
スッと現れた時にゃぁ、他の人との尺の違いビックラ。初舞台ですか。なんか、、、影薄い。役者の役ですけど、大石内蔵助やっても何の凄みも感じられない。刀振り回しても、なんかおもちゃ振り回してるみたい。演技が小さいのだ、もっと元気良くやってほしいです。台詞の語尾がはっきりと聞こえないことが多かったですね、発声滑舌もっと勉強してください。辛口でスマソ。

中越典子さん(おかる/老尼
可愛いなぁと思ってたけど、舞台でもやっぱり可愛いですねぇ。声も特徴があって役柄によってしっかり変えられるし聞きやすいしさぁ、お上手です。他の舞台でもまた観たい役者さんです。

生瀬勝久さん(天野屋利兵衛)
生のお芝居を観るのが初めてだったのでとても楽しみにしてたんですが、言葉が関西弁ってのもあるかと思うんですけど(関西人ですよね生瀬さん)、天野屋利兵衛の台詞ぢゃぁなくて生瀬さんが喋ってるよぉに思えてしまって。うぅ~ん、なんだか私としては物足りない感じ、でも、天野屋の腹に一物あるよぉな雰囲気はよく出ていました。

橋本じゅんさん(大石内蔵助/犬男頭)
真面目な男を演じるじゅんさん大好きです、笑いを取るところはキッチリ取ってくれるし。ココでやるなぁ~、と構えてても笑えちゃうんですよねぇ。このお芝居を観た一番の目的がじゅんさんお真面目な芝居を観ることだったんで、この点に関しては満足です♪

その他、伊達さん(大野九郎兵衛/清水一学/黒子/役者/ミノ吉)の声良いなぁ~とか、中村さん(浅野内匠頭/心中男/芸者)はイヤラシイ感じがいぃなぁ~とか、粟根さん(吉良上野介/介錯人/神主)はもっと観たいのに出番少ないなぁ~、とか。

私は多分、こ~ゆ~軽い雰囲気のお芝居がちょっと苦手なのかな?コスプレは大好きなんですけど、台詞が普通の会話調ってのがどうも合わないらしぃ。だからワザとらしい翻訳劇が好きなのかもしんねぇ。
スポンサーサイト

| 舞台を観る | 2009-01-18 | comments:8 | TOP↑

COMMENT

う~

前置きなしの後日。。。
とぐろさんにしては珍しい。。

こりゃやっぱり・・・なんでしょうかねぇ。。
来週行くんですけど、不安炸裂。。
スズカツだからもともと期待はしてませんけどね(笑)

| ぴら | 2009/01/21 17:24 | URL | ≫ EDIT

ぴらさん♪

ギャハハッッ、イィとこ突いてますっっ!

多分、観る人の好みで違うと思うんですけんども、
私はかなり・・・・・でしたのねぇ~。
きっとあまり期待しないで観た方が結果良かったりしますから、
そんな感じで観てきておくんさないましっっ!ヒヒヒ~!

| とぐろ | 2009/01/21 19:25 | URL | ≫ EDIT

珍しく・・・

辛口ですね。(笑)

じゅんさんがもう格好良かったぁ♪
シリアスな演技に釘付けでした。

ラストの桜吹雪は綺麗でした。
私も「桜飛沫」を思い出してました。
あとは野田作品の「贋作・桜の森の満開の下」
はたまた「阿修羅城の瞳」かしらん。
結局、桜繋がりでなんとでも。(笑)

>ってか、結局主役は誰だったの?
じゅんさんじゃない?(笑)

| 麗 | 2009/02/01 22:11 | URL |

おっ、辛口。

とぐろさん♪
私は結構イケましたけどねー(除・おしゃれイズム)
ただ前半が学芸会っぽかったのと、暗転はいただけませんでした。
主役?じゅんさんでしょ~part2(笑)。
ちなみに名古屋はよく入ってましたよ。

| みんみん | 2009/02/02 01:27 | URL |

書けたよ~

期待しないで行って
期待どおりでしたっ(爆)

>もっと観たいのに出番少ないなぁ~

これこれ。
こんだけ豪華メンバー揃えといて
使い切れてないっちゅうのがねぇ。。。
八十田さんなんか必死で探しまくっちゃいましたがな。

| ぴら | 2009/02/02 13:03 | URL | ≫ EDIT

麗さん♪

> 辛口ですね。(笑)

なんか、、、自分でも思っちゃいましたぁ。
いつもはなるべく前方席で観るんですけど、
今回は3階席だったんでかなぁ~り第三者的な観方になってるかと思いますぅ。
観易いとはいえ、やっぱし遠いもん3階。
生舞台を観てるってよか、テレビの画面を見てるよぉな感じでしたもん。
登場人物に感情移入とか、そんなことできるよぉな雰囲気になれなかったんですぅぅ。
でも、じゅんさんはカッコよかったです!
そっか、主役か♪

| とぐろ | 2009/02/04 19:12 | URL | ≫ EDIT

みんみんさん♪

へへへ、辛口になっちゃいましたぁ。
時代物、コスプレなので好きなタイプのお芝居のはずだったんですけど、、、。
物語も面白いと思ったんですけど、、、。
暗転とイケメンそば屋店員で、現実に戻されるッつか、、、。
そっか、やはりじゅんさんか主役♪
私が観たのは公演始まってわりとすぐだったからかな、
客の入りあまり良くなかったのは?

| とぐろ | 2009/02/04 19:27 | URL | ≫ EDIT

ぴらさん♪

>期待しないで行って
>期待どおりでしたっ(爆)

ギャハハッ!
何事も期待し過ぎないのがイィのかもしんねぇですねぇっ。

はいはい、私も八十田さん探しちゃいましたよぉ。
台詞も少なかったしね。
その役って、別に誰でもよかったんぢゃぁないの?とかって思っちまいましたがな。

| とぐろ | 2009/02/04 19:38 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。