ぐ~たらばんざい♪

ご贔屓さん中心の狂言・演劇の感想、ガキんちょの成長記録や落書きざんす。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | -------- | comments(-) | TOP↑

≫ EDIT

観たどぉ~♪『二人の約束~The Two Man's Promise~』

『二人の約束~The Two Man's Promise~』
2008年2月23日(土) PARCO劇場 19:00開演

作:演出 福島三郎
出演:中井貴一 段田安則 りょう
あらすじ:
古物商の小太郎は40歳過ぎの独身。その理由は、小学生の時に幼馴染の順子ちゃんと庭の木の根元にタイムカプセルを埋め、30年後に一緒に掘り出す約束をしたから。そして小太郎は順子ちゃんとその時一緒になる約束もした・・・。いよいよ、その30年後が近づいてきている、そんな今日この頃、記憶喪失の大作が迷い込み同居生活が始まる、、、。


何かの舞台を観に行った時(Beauty Queen of Reenanかな?)にもらったチラシに
こんなふぅに載ってました。”「このタイムカプセルを一緒に開けようね」。それは、30年前に交わしたたわいのない約束。男は、その約束を律儀に守ってあけるひを楽しみに待っていたが・・・。ちょっとずれてる中年男二人と幼馴染の女が繰り広げるほろ苦くて せつなくて でもさわやかな中年純情コメディ!”
そのまんまでした。心温まる、ホロホロってさせる、そんでもって私はちょっと考えちゃうとこもあるお話でした。




いやいや、このお芝居があることを知ってから結構長い間どぉしよぉか
迷ってたんです、観てみよぉかどぉしょぉかって。
出演者さん3人だけだけだけど、
でも男2人に1人の女がからんでくるってことは恋愛もんか?
恋愛もんって映画でもなんでもあんまし好きでないのよねぇ、、、
それにコメディ?おバカコメディは好きだけど、
お芝居ではこぉ~~キュキュッと緊張するよぉな雰囲気のを観たいんだよぉ、、、とか。
でもでも、これまたKevinさん若かりし頃出演した舞台「夜への長い旅路」っての
があったんですけど、2000年に同じ役を段田安則さんが演じたのを観た時
「上手いなぁ~。」って思ったのを覚えてて、そんでもって中井貴一さん、
映画「壬生義士伝」でこんなに上手かったんだって思ったし。
やっぱ、せっかくなら観てみたいかなって。
4そんな感じで、チケット取ったのも1月半ばだったと思います。

観てよかったですぅ、はい。
中井さん演じる小太郎、真面目なの?そいともとぼけてるの?どっちか
判らないところがいぃんです。
置いてある古美術品、パチモンだって判っていながらその裏にあるお話に
感動して仕入れちゃう。
お客さんにも素直にその話をそのまんま(なんだろぉね)話しちゃう。
あんな風に楽しそぉに話されたら、お客さんも買っちゃいます。
いぃ人なんだろぉなってゆぅ中井さんのイメージと小太郎のイメージが
ぴったり合っちゃってる。
段田さん演じる記憶喪失の大作、ぶっきらぼうでどこか胡散臭い感じ。
その大作がちょっとづつ記憶を取り戻していって、まわりにも段々と
馴染んでいく感じがなんかクスクスって笑えるんです。
この全く正反対の性格みたいな2人が、なんだかいぃ雰囲気
かもしだしてるんです。
りょうさん、クールなイメージだったんだけど、このお話の中ではとても
チャーミングな女の人を演じてます。
最後のほぉの泣く場面も自然でした、あれって本当に泣いてたのかなぁ?

日にちとか時間の経過を知らせるため暗転の間(ちょっとだけセットの
転換もあっただね)、ステージの上からスクリーンが降りてきて、
その間に起こってることとかそれまでに起こったことなんかを映して
たんだけど、あぁゆぅ方法もあるんですね。
小太郎がどっかの変っぽい原住民さんみたいな人といる写真とか
写ってて、可笑しかったです。
だって、明らかに日本人が変装してるんだもんっっ。

なんか、、、結構早いうちに先が読めちゃうんで、
わたくし、先にホロホロさせていたらきました。
そして「お兄ちゃん、ホントは人のこと一番信じてないんぢゃぁないの!?」
って言葉、”信じる”ってどぉゆぅことなんだべか?って、
ちょっと考えさせられちゃったです、ハイ。
スポンサーサイト

| 舞台を観る | 2008-02-29 | comments:4 | TOP↑

COMMENT

遅くなりました!

とぐろさん♪
コメントおそくなっちゃいました。
なかなか、ほっこりできるお芝居でしたね~。
段田さん、中井さん、さすが!って感じです。
あのスクリーンの映像も、何だかありえなさ過ぎて笑えました~。

| みんみん | 2008/03/04 00:20 | URL |

みんみんさん♪

いえいえそんなぁ~、暇な時に来ていたらければそんだけで嬉しいですよぉ~。
感想書くのなんて高校以来で、どんなふぅに書いていぃのか、、。
みんみんさんの観劇レポを勝手に参考にさせていたらいっちゃいました。
これから段々と自分の形で書けるよぉになれたらいぃなぁ~、なんて思ってます!
そぉいえば、会場内での放送、アレって演出だったんですかね!?
毎回同じとこで間違えるなんてオカシィですもんねぇ、携帯のこと「けいちゃい」なんてさぁ。

| とぐろ | 2008/03/04 18:06 | URL | ≫ EDIT

やさしいお芝居

とぐろさま
>いぃ人なんだろぉなってゆぅ中井さんのイメージと小太郎のイメージが
ぴったり合っちゃってる。
ほんとにそうでした。
あのスクリーンに映し出される姿なんて、ちょっとタヌキや河童と旅する
某カードのCF思い出して笑っちゃいました。
中井貴一さんも段田安則さんも演技力には定評がありますが、
お互いを認め合いながらリラックスして演じている雰囲気がお芝居全体
のやさしさにも表れて、それが観ている私たちにも伝わってやさしい気持ち
になれる・・・そんなお芝居でしたね。

| スキップ | 2008/03/16 05:22 | URL |

スキップさま♪

>タヌキや河童と旅する某カードのCF思い出して笑っちゃいました。
ほんとですぅ~!
後ろに隠れてても変ぢゃぁないですっ。ぎゃはは!
お2人とも、素なんぢゃぁないかと思うくらい自然でしたよね。
観た後にすごく優しい気持ちになれるお芝居でした。
ありえないよぉな設定なんだけど、でもどっかで時々起こってることなのかも、なんて思ったりしちゃってっ。

| とぐろ | 2008/03/17 14:07 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。