ぐ~たらばんざい♪

ご贔屓さん中心の狂言・演劇の感想、ガキんちょの成長記録や落書きざんす。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | -------- | comments(-) | TOP↑

≫ EDIT

観ました♪『私生活』

私生活
シアタークリエサイト内の「私生活」HPにある動画メッセージ、”橋本じゅんさんインタビュー”のお顔がとっても可愛らしいんですけどぉ、、、。

『私生活』
2008年10月18日(土) シアタークリエ
18:00開演 20:40終演(休憩20分)

原作:ノエル・カワード
演出:ジョン・ケアード
翻訳:松岡和子
出演:内野聖陽、寺島しのぶ、中嶋朋子、橋本じゅん、中澤聖子

あらすじ:
フランスの避暑地ドーヴィルのリゾートホテル。2組の新婚夫婦、エリオットとシビル、アマンダとヴィクターがハネムーンにやってきた。偶然にも隣り合わせの部屋になってしまったエリオットとアマンダは、実は元夫婦だった。シビルとヴィクターはパートナーの「前の相手」が気になって仕方ない。そんな「今の相手」に多少うんざり気味のエリオットとアマンダ、お互いをまだ愛していると気づきハネムーン中の駆け落ちを決行する。アマンダ所有のパリのアパルトマンに転がり込んだ2人だが、情熱的に愛し合っているにもかかわらず、些細な口論から罵り合い、掴み合いの大喧嘩。駆け落ちして間もないのに、またしても5年前の悪夢が再現される。大ケンカが最高潮に達したところへ、ヴィクターとシビルもやってきて・・・。


チケット発売になる前から絶対に観たいと思ってたお芝居です。英国人脚本家の小洒落た作品に橋本じゅんさんだもん、観てよかったです~。


一幕はホテルの隣り合った2部屋のベランダ、二幕はパリにあるアパルトマンのアマンダの部屋。それぞれの新婚夫婦の様子、そしてエリオットとアマンダが隣り合っていることに気付き、愛を再燃させ駆け落ちするまでが一幕です。この2組の夫婦がどんな雰囲気なのか?元夫婦だった2人がどんな掛け合いをするのか?また2度目の結婚相手がどんな人間なのか?ってことで一幕は楽しく拝見。駆け落ち後の不倫カップルと、アパルトマンを突き止め追いかけてきた置きざりカップルのゴタゴタ&一応ハッピーエンドが二幕です。が、延々アマンダとエリオットのラブラブ→口喧嘩のシーンの繰り返し、5年前の思い出話をし、その度にラブラブそして口喧嘩で少々クドイ。余分を削れば2時間程度のお芝居になるのでは。話のさわりでラストが読めちゃうけど、全体にエリオットの皮肉めいたジョークが効いているし、理屈ぢゃぁない恋愛感情の”テキトーさ”みたいなとこもフンフンと頷けるし、達者な役者さん揃いの楽しいお芝居でした。

寺島しのぶさん(アマンダ)
美しいですねぇ、衣装も髪型もとてもお似合いです。映画とかドラマとかで観たことほとんどないのですが、奔放で気が強い、こぉ言えばあぁ言う、みたいな口の旨い女性を嫌味なく演じてました。思いの外お歌がお上手でしたねぇ。

中嶋朋子さん(シビル)
どこかで聞いたことある喋り方だと思ったら、大竹しのぶさんだ。喋りが似てます。23歳だかのわがままお嬢さん役。役の年齢聞いた時はエッ!っと驚いたけど、段々そのくらい若く見えてくるから上手いってことだね。頑張ってお上品に振舞ってるけど最後には、、、って変わりようが可愛くて可笑しい。

内野聖陽さん(エリオット)
舞台に出てきた瞬間、お顔の色が白くて驚いたっ。お化粧濃いんでない?喋りまくりなので台詞の量は膨大ですね。内野さんは時々かんではいましたけど、不自然な箇所ではなかったな、、、あの程度なら私達も普段話してて噛みますし。ただ、他の役者さんが全く噛んでいなかったので、ちょっと目立っちゃったかも。でも、喋り自体は強弱の付け方や間などとても自然、お芝居ぢゃぁないみたい、お上手だぁ。内野さんの生ピアノで寺田さん扮するアマンダと2人で歌う場面は素晴らしい、思わずウットリ、時間を忘れました。ずっとこのまま歌っててくれてもイィのに~、なんて思ってしまったり。あのピアノは内野さんご自身が弾いてると思ってたんですけど、高温低音弾く指もペダル踏む足も音に合っていたように思えたので。どぉなんでしょか?ちょっとでもピアノ習ったりした覚えがあれば、あのくらいだったら少し練習すれば弾けますもんねぇ。

橋本じゅんさん(ビクター)
”優しく真面目”←私の中でのじゅんさん像とビクターがぴったり。期待してたより出番が少なくてちと寂しかったのですが、出てくればナニゲにクスッとでも必ず笑わせてくれるし。シビルの前でカッコつけてベランダの手摺りに腰掛けようとするんだけどおケツが届かなかったり、とか。アマンダのアパルトマンで混乱して慌てるシーンでは、絨毯で足滑らせてスッテンコロリンと転んでましたけど、アレは毎回やってんの?それともハプニング?じゅんさんファンのお客さん達(多分)は「待ってました!」とばかりに大喜びでしたっ。そぉいえば、二幕で出てきた時ヘンな髪型になってたのは、わがまま娘シビルと旅して疲れちゃったから?4人でコーヒー飲んでる場面での喋り、アレは巧いっ、かなぁ~り可笑しかったですってのっ!終わってから会場出る時、近くを歩いてた女性二人連れが「ビクターやってた人、面白いねぇ~」って言ってるのが聞こえてムフフとほくそ笑んだ私なのです。

カーテンコール、4人でデッカイ声で「ありがとーございましたーっ。」ってのも良いもんですね。
スポンサーサイト

| 舞台を観る | 2008-10-18 | comments:4 | TOP↑

COMMENT

そおそお

とぐろさん♪
中嶋さんの話し方、大竹しのぶさんに似てるねーって一緒に観ていた
人と話していたところだったんです。やっぱとぐろさんも思いました?
じゅんさん、転ぶシーンなんかあったかなあ???
それって、まぢハプニングなのではないでしょうか??

| みんみん | 2008/11/10 22:44 | URL |

みんみんさん♪

はいっ、私も一緒に観た友達と話してました、似てるよねって。
じゅんさん、思いっきしスッ転んでました、頭打つんぢゃぁ
ないかって思うくらいに脚が上向いてましたもん。
ダサいビクターが膝くっつけてコーヒー飲んでるシーンも、
かわいらしくて面白かった(!)ですねぇ~。

| とぐろ | 2008/11/13 19:41 | URL | ≫ EDIT

やっとこさ

感想書けました。(笑)

二幕目でのじゅんさんの髪型、、、爆発してましたね!
思わず笑っちゃいましたよぉ。
”野口英世”みたいって。(笑)

シビルもマスカラでドロドロになってるし、、、
ある意味「地獄絵図」でしたねぇ~。(笑)

こんなに笑える芝居だとは思ってなかったので、嬉しい誤算でした♪

| 麗 | 2008/11/15 00:48 | URL | ≫ EDIT

麗さん♪

やっぱじゅんさん、かわいかったですよねぇ~♪
ぎゃはははっ、野口英世ヘア、ホントだぁ~~!
片側になびいてましたもんねぇ。
一幕目は登場シーン少なかったけど、二幕目はいっぱい
笑わせてくれて、ホント楽しかったですっ。
後ろ向いて汗拭きながら演じてましたもんね。
チャ~ミングだなぁ、じゅんさん。
終わり方も、お洒落ぇ~な感じでしたよね!

| とぐろ | 2008/11/16 03:35 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。