ぐ~たらばんざい♪

ご贔屓さん中心の狂言・演劇の感想、ガキんちょの成長記録や落書きざんす。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | -------- | comments(-) | TOP↑

≫ EDIT

観てきました♪『女教師は二度抱かれた』

ソワレを観る予定の私、偶然にも6月の「グループ魂のぱつんぱつんフェスティバル」で
初めてお会いした雨利さんがマチネを観るっつぅことで、間の時間にポチッと
腹ごしらえ(私はね)兼ねておしゃべりさせていたらきましたぁ~。
2ヶ月ぶりで、しかもまだ2度目だっつぅのに、なんだかもぉ何度も会ってるみたいな感じで、
楽しかったっす、あんがとねぇーっ(萬斎さん情報もにぃ、深田さん話はツボでしたぁ。)♪
途中で腹がグゥグゥ鳴ることもなく、無事観劇もでけたしっ、うひひ。

『女教師は二度抱かれた』
2008年8月16日(土) Bunkamuraシアターコクーン
19:00開演 22:25終演(休憩20分)

作・演出:松尾スズキ
出演:市川染五郎、大竹しのぶ、阿部サダヲ、市川実和子、荒川良々、池津祥子、皆川猿時、村杉蝉之介、宍戸美和公、平岩 紙、星野 源、少路勇介、菅原永二、ノゾエ征爾、浅野和之、松尾スズキ

あらすじ:
演劇界の風雲児と呼ばれる劇団ビリーバーズの演出家天久六郎は、歌舞伎界の異端児である女形滝川栗乃介とタッグを組み、新しい現代歌舞伎を創造しようとしていたが、そんな彼の前に、高校時代の演劇部顧問だった教師山岸諒子が現れる。女優志望だった彼女は、当時教え子だった天久と肉体関係を持ち、そのため婚約は破談、退職と人生を狂わせていた。マネージャーを伴い天久の作品への出演を迫る彼女の行動は、明らかに異常で、それは日増しにエスカレートしてゆく。世間の期待、諒子の妄執、様々なプレッシャーに追い込まれてゆく天久。壊そうと思っても壊れないものと、壊れてほしくないのに壊れてゆくものの物語。(パンフより)


はっきり言ってしまうと、大人計画の舞台は苦手で、なので全く興味のない私。
松尾スズキさんの舞台も苦手だったのですが、、、、。
でも、今回の舞台は素直に面白かったですよ、とぐろ的にハズレでなくてホッと安心。
だって、金払ってんだもんねっ。


抽選に落選しまくって、どぉにか1回ぶんだけチケットをゲットすることができたんですな。
とにかくサダヲちゃん観たくて、あとは「朧の森」で(ってDVDだけど)かっちょえがった染五郎さんをナマで観たい、それだけの理由で観に行きました。

松尾スズキさんのお芝居、大人気ですね。立ち見の方が沢山いらっさいました。
どぉせ合わないだろぉからユルゥ~リ観よぉ、と今回私は今迄で一番気負わず観劇。席も後ろの方で顔もしっかりとは見えないんだもんねぇ、、、でも、オペラグラス使うとナマで観ててもテレビとかの画面通してるみたいになっちゃうから、使いませんでした。そんな感じでボンヤリ観てたもんだから、工場での染五郎さんと大竹さんにしばらく気付かず。
場面がコロコロ換わるけど、その間に役者さん達の歌が入ったりするので気分が途切れることもなく観れました。皆さん、それなりにお上手だし。ただ、台詞がゴニョゴニョでよく聞き取りにくい役者さんとかもいらっさって、、、。お芝居は”まず発声、滑舌から”が密かに信条な私としては、勉強しなおして!みたいな気分になります。

市川染五郎さん(天久六郎):
歌舞伎を見たことのない私は『朧の森に棲む鬼』が初染五郎さん(DVDでだけど)。あ~ゆ~邪悪でセクスィ~な染五郎さんが観たかったなぁ。でも高校生役も可愛かったですね、ハスキー声がいぃわぁ~。パンツ一丁でのお腹がポヨヨンで、かなりベックラこきました。杏ちゃんに騙されたことを知った時は可哀想でした。有名になるとあぁゆぅことも稀ではないのかもねぇ、、、。染五郎さんの泣き声がまたいがったわぁ~。

大竹しのぶさん(山岸諒子):
昨年の『ビューティー・クイーン・オブ・リナーン』が初観の大竹さん。精神不安定、正気と狂気を行き来するところが私の中ではその『ビューティー・クイーン~』と重なっちゃいました。同じ人がやってんだから仕方ないもんなんですかね。最初の工場での超訛りおばさん、まぁ~よく噛まずにあんなにしゃべれるもんだ、感心です。それにしても、なんであんなに可愛らしいんでしょ。

浅野和之さん(鉱物圭一):
車に轢かれたじいさん、最初浅野さんと気付きませんでしたっ。変幻自在なおじさんやわぁ。ベスト着た若い鉱物も動きからして可笑しかったっ。こぉゆぅ役の人はこぉぢゃぁなきゃっ、てゆぅ人間を全くそのまんまに演じてくれました、って感じです。存在感デカいですよね、浅野さんって。なんていっても、あの猟銃で狙い撃ちされる鹿(だっけか?)は最高ですっっ!な、なんなんだっ、あのスローモーションはっ!?

市川実和子ちゃん(白石泉):
なんかイィですね、好きです、あの飄々とした雰囲気。ベタ惚れだから元気に何されても文句ないのかと思ってたら、最後の天久への一言で驚きました。白石観てると幸せとか幸せぢゃぁないとかって、一概には言えない、ホントにその本人しか判らないことなんだなぁ、って思えるです、そりゃDVはイケナイことだけど。

阿部サダヲちゃん(滝川栗乃介):
このお芝居観る一番の目的。歌う場面が1回だけだったのがちょっと寂しかっただよ、もっと聴きたかったっての。オカマ歌巧いぢゃんか。サダヲちゃんはハジケてて巧くて的を絶対に外さない演技でとても良いんだけど、なんだかどこかで観たよぉなイメジの役で私には新鮮味がなかったんですぅ、、、。せっかくの舞台なのだから、今迄やったことのないよぉな役を観たかったなぁ~。ま、事前に役については知っててチケ取ったんですけどぉ、、、。

松尾スズキさん(一本木、他):
何言ってるか解らない友人がすっごぃ可笑しいっっ。最初の方で大竹さんの歌に合わせてのナンチャッテ踊りは爆笑でした!へたうまっっっ!

ラスト、天久は自分のために一生を台無しにしてしまった山岸への償いとして、あの稽古場でいつまで過ごさねばならないんだろ?フと発した軽い言葉、そんなこと誰だってあることだけど、それを本気にしてしまう人間もいるわけで、そのために自分を犠牲にして償わなければいけないってのは怖いです。気をつけよう、うん。
ところで、滝川栗乃介って歌舞伎の女形だっつぅのに、その女形やってる場面がなかった、、、よね?ビールのムギムギCMんとこだけしか歌舞伎っぽいとこなかったし。どぉせなら観たかったんですけどぉ~、女形サダヲちゃん。でもでも「なかむらや!!」って言いたくなっちゃった方達いっぱいいらっさったのではぁ、へへへ。
スポンサーサイト

| 田中さんあれこれ | 2008-08-17 | comments:12 | TOP↑

COMMENT

これも

>はっきり言ってしまうと、大人計画の舞台は苦手で
>なので全く興味のない私。
>松尾スズキさんの舞台も苦手だったのですが、、、。

おんなじだ…。
役者によって変わるんですけど演目選ぶ時に悩みますねー。
観るチャンス限られてるし。

| bab | 2008/08/20 09:32 | URL |

babさん♪

好きな役者さんが所属してる劇団のお芝居を好きになれないってのも、
ショックですよねぇ。
だから今回のお芝居も観よぉかどぉしよぉか結構迷ったんですけど、、、
でもやっぱサダヲちゃん観たいし、染五郎さんとか大竹さんとかも出る
ってんで勇気だしてチケ取ってみたわけですワ。
やっぱ好きな役者さんの舞台はなるべく漏らさず観たいって思いますもんねぇ~♪

| とぐろ | 2008/08/21 17:09 | URL | ≫ EDIT

こちらこそ、ありがとにぃ♪もうちょっと時間があったらよかったのにぃ。。。
とぐろちゃんの観劇予定がなかったら、何時間いたかね(笑)。
いひひ(*´艸`*)万作家ネタはいろいろ持ってるぞぃ。
ちなみに高のんが運転する車にひかれそうになったこともあるぞ!アレは完全に故意だった(笑)。

ぢつは雨利も松尾さんの作品は「う~ん。。。」って考えることがあったんだけど、今回は大竹さんの演技に圧倒されました。
自分を見失う恐怖をあそこまで表現出来るとは。。。やっぱスゴイ!

| 雨利 | 2008/08/21 22:19 | URL |

雨利すゎん♪

だねぇ~~、間の時間だけぢゃちょいとばかし短かかったよねぇ。
今度はおしゃべりのためにお会いしたいザンス!
高のんさん好きだわぁ~、でもその車には轢かれたくないっっ、うひゃひゃ!

大竹さんはやっぱ上手だよねぇ。
なんか、、、狂気が潜んだよぉな役がお似合いのよぉにも感じます。
んでもって、染五郎さんの腹は、、、ちょっとショックだったわぁ~。

| とぐろ | 2008/08/23 20:15 | URL | ≫ EDIT

同感です

>大人計画の舞台は苦手
そうなのよ~
ついていけないことたびたびで。。。

でも今回はかなりついていけたし
ゲラゲラ笑ってきたんですけどね。。
もちっと短いとありがたかった(笑)

| ぴら | 2008/08/29 16:18 | URL | ≫ EDIT

ぴらさん♪

感想全然アップでけてなくてすいませぬぅ~。
って、実はちびっと忘れてました、ひゃははっっ。
このお芝居って、あんまりトッピな演出とかもなくて、
スンナリお話に入れたので助かったです。
そぉそぉ、げらげら笑える場面もあったし。
たしかに、3時間半はちびっと長いですよねぇ~。

| とぐろ | 2008/08/30 12:54 | URL | ≫ EDIT

染さまは・・

とぐろさん♪
今まで(DVDも含めて)何本か染さまを拝見しましたが、こういう
ヘタレな感じの役は初めて観ました(笑)。
サダヲちゃんのオカマ役はなんかドラマでも観てる分、新鮮味はありませんが
でもやっぱり上手ですよねー。
新鮮味のある役・・・。エリートサラリーマンとか(笑)?

| みんみん | 2008/08/31 21:06 | URL |

大人計画

とぐろさま
「大人計画」は私も落差激しいです。
でも人気ありますよね~。ほんとにチケット取り難い。

歌舞伎役者さんが出演されたので言えば勘三郎さんの
「ニンゲン御破産」なんかは、え・・・?というカンジでした。
でもこれは楽しかったです。フツーに笑えましたし。
サダヲさんの“タキクリ”は、楽しかったですが、女方やってる
場面も観てみたかったですよね。
>「なかむらや!!」って言いたくなっちゃった
は~いv-222 私もその一人です。
帰ってからもう一度聴いちゃいましたよ、「中村屋」。

| スキップ | 2008/08/31 22:16 | URL | ≫ EDIT

あら~

>松尾スズキさんの舞台も苦手だったのですが、、、、。
とぐろさんも苦手ですか。私と一緒だわ。(笑)
でも今回の作品は意外と受け入れられたよね♪

染様が、こういう情けない役をやるって事自体、珍しいからね。
私も新鮮でしたよ。
あのわき腹に関しては、見なかった事に、、、できるかー!(笑)
しっかり目に焼き付いちゃいました。
どんな色男でも、パンツに靴下姿はイケてないと改めて認識しました。

| 麗 | 2008/08/31 22:22 | URL |

みんみんさん♪

染五郎さん、黒で揃えたお洋服での写真もかっこえぇから、
軽薄イケイケ役なのかと思ってたら、へタレ男。
でも、そんでもかっこえがったです、ひひひ。
サダヲちゃん、あのテンションであの役をシラケさせずにできるってのも、
やっぱ上手さなんでしょぉねぇ。
新鮮味のある役、、、なんか思い付かないっっ。
阿部サダヲとして有名になってしまった今では、
難しいのかもしれないですねぇ~。

| とぐろ | 2008/09/01 16:09 | URL | ≫ EDIT

スキップさま♪

大人計画はテレビで放映してくれた作品しか観たことないんですが、、、
ソレ全部苦手でした、ひゃはは!
私なんか役者さん目的で内容は二の次なんですが、そんでもちょっと、、、。
でも人気あるってことは、好きな人が多いってことですよねぇ~。

勘三郎さんも出演されてるんですかぁ、そんでやっぱ、え・・・?だったんだぁ~。
でももし自分が脚本担当してたら、思いもかけないよぉな役を当ててみたい
とも思いますよね、きっと、うん。
サダヲちゃん、そぉなんですよ女形っ、せっかくなんだから歌舞伎やってる
場面も観たかったですっての。
今回の舞台は染五郎さんと大竹さんが中心だからでしょぉけど、
サダヲちゃんの役割が中途半端は感じもしたよぉなしないよぉな、、、。

| とぐろ | 2008/09/01 16:28 | URL | ≫ EDIT

麗さん♪

ありゃぁ~、なんだか松尾さんの舞台、
苦手な方が結構いらっさるよぉな気がしますぅ~~。
そのくせしてチケット取りづらいって、どぉゆぅこっちゃっ!?
今回の舞台は、演出もストーリーもトッピ過ぎるところがなかったので、
結構スンナリでしたぁ~。

染五郎さん、朧がホントにかっこえがったもんですから♪
でも思いました、イケてる男は情けナイ役もやっぱりイケてるのだっっ。
あっ、でもパンツにオヤジ靴下は、、、パンツだけならまた違ったかもっ!?
ぽにょわき腹、、、あれに浮出たアバラ骨が+されるとヤバイですっ、
それだけは避けてくださいましぃ~~。

| とぐろ | 2008/09/01 16:41 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。