FC2ブログ

ぐ~たらばんざい♪

ご贔屓さん中心の狂言・演劇の感想、ガキんちょの成長記録や落書きざんす。

2008年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年11月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

観ました♪『野村万作・野村萬斎 狂言に親しむ会』

こぉゆぅ会場だと柱がないから、どこからでも観易いワ、しかもチケット代もお手頃。

『野村万作・野村萬斎 狂言に親しむ会』
2008年10月23日(木) 町田市民ホール
18:30開演 20:15終演(休憩20分)

◆解説:石田幸雄

◆船渡聟

船頭:野村万作、聟:高野和憲、姑:野村万之介、後見:竹山悠樹
<あらすじ>
聟が初めて舅の家に挨拶に行く途中、渡し舟に乗る。酒好きの船頭は聟の持つ酒樽に目をつけるが、振舞うことを断られると舟を漕ぐのを止めたり激しく揺らしたりして強引に無心する。聟は仕方なく酒を飲ませ、軽くなった酒樽を持って舅の家に出向く。やがて外出していた舅が帰宅するが、聟の顔を見てビックリ仰天。舅こそが先ほどの船頭だったのだ。舅は顔を隠して聟と対面するのだが・・・。

◆六地蔵
すっぱ:野村萬斎、田舎者:石田幸雄、すっぱ仲間:深田博治、竹山悠樹、月崎晴夫、
後見:岡 聡史
<あらすじ>
ある田舎者が地蔵堂に六体の地蔵を安置しようと都に仏師を探しに行く。するとすっぱ(詐欺師)が声をかけてきて自分こそが仏師であると偽り、翌日までに六地蔵を作る約束をして田舎者と別れる。すっぱは仲間を呼び出し地蔵に化けて田舎者を騙すことにする。翌日、田舎者が地蔵を受け取りにやって来ると、地蔵は三体しか見当たらない。もう三体はどこにと問うと・・・。
スポンサーサイト



≫ Read More

| 野村さんあれこれ | 2008-10-24 | comments:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |