FC2ブログ

ぐ~たらばんざい♪

ご贔屓さん中心の狂言・演劇の感想、ガキんちょの成長記録や落書きざんす。

2008年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年11月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

観ました♪『万作を観る会』

異なる演目の第一日目の公演(10月16日)は、懐具合が寂しく行けませんでしたぁ・・・。

喜寿記念公演
『万作を観る会』 第二日目

2008年10月19日(日) 国立能楽堂
15:00開演 18:00終演(休憩20分)

狂言「蝸牛」
山伏:野村遼太、主:野村萬斎、太郎冠者:野村裕基、後見:野村万作
<あらすじ>
帰山途中の山伏が藪の中で寝ている。長寿の薬だという蝸牛を探しに行くよう主人に言い付けられた太郎冠者は、蝸牛の特徴を「藪にいて頭が黒く腰に貝を付け、時々は角をだすものだ」と主人に教えられる。蝸牛を探しに藪に入った太郎冠者は、額に黒い兎巾をつけた山伏を見て「蝸牛殿か」と尋ねる。あきれた山伏はからかってやろうと思い、腰の法螺貝などを見せてことごとく特徴の注文に応じる。すっかり信じ込んだ太郎冠者は・・・。

仕舞「笠之段」
野村四郎、地謡:野村昌司、関根祥人、岡 久廣、藤波重彦

狂言「仁王」
博奕打:野村萬斎、何某:石田幸雄、参詣人:深田博治、高野和憲、月崎晴夫、竹山悠樹、中村修一、岡 聡史、野村万之介、後見:時田光洋、野村遼太
<あらすじ>
ばくちに負けて無一物になったばくち打ちが、他国へ逃げようと日頃世話になっている男のところへ暇乞いに行く。男はばくち打ちを天下った仁王に仕立て、供え物を取ることを提案し、それらしい格好をさせて参詣人を大勢連れてくる。それぞれ供え物をし願い事をして帰っていくが、遅れてやって来た片足の不自由な男が、具合の悪いところへ仁王の身を移そうと撫で始めると・・・。

能j「船弁慶」重キ前後之替 船中之語 船歌 早装束
子方:観世三郎太、前シテ:観世清和、後シテ:観世銕之丞、ワキ:宝生 閑、ツレ:高井松男、大日方寛、則久英志、間:野村万作、大鼓:亀井忠雄、太鼓:小寺左七、小鼓:観世新九郎、笛:藤田次郎 (後見、地謡省略しました)
<あらすじ>
こちらでよろしく。
スポンサーサイト



≫ Read More

| 野村さんあれこれ | 2008-10-20 | comments:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |