FC2ブログ

ぐ~たらばんざい♪

ご贔屓さん中心の狂言・演劇の感想、ガキんちょの成長記録や落書きざんす。

2008年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年11月

PREV | PAGE-SELECT |

≫ EDIT

観ました♪『横浜狂言堂』

横浜能楽堂さん、毎月第2日曜日は”狂言の日”とされてるそぉです。

横浜能楽堂普及公演
『横浜狂言堂』

2008年10月12日(日) 横浜能楽堂
14:00開演 15:30終演(休憩15分)

解説:高野和憲

狂言「柑子」
太郎冠者:野村万作、主:石田幸雄、後見:中村修一
あらすじ:
昨夜の集まりで珍しい三つ成りの柑子をもらい、それを太郎冠者に預けていたのを思い出した主人は太郎冠者に柑子のことを尋ねる。尋ねられたと太郎冠者は、一つは枝から落ちつれないと思い食べてしまった。もう一つは刀の鍔に押されて潰れてしまったので食べた、最後の一つも鬼界ヶ島に一人取り残された俊寛僧都の古事を思い出すと、一つ残すのも憐れなので自分の六波羅(腹)へ収めました、とまんまと言い抜けるが、結局は主人に怒られる。

狂言「泣尼」
僧:野村萬斎、施主:高野和憲、尼:石田幸雄、後見:時田光洋
あらすじ:
施主から説法を頼まれた僧が、自分の話の引き立て役として泣き役の尼を雇う。尼は最初こそ説法を聞いていたが、だんだん居眠りを始める。僧が気付き説法にこじつけたり、咳払いをしたり、扇をたたいたり等して起こそうとするが、尼は起きるどころかついには横になって寝入ってしまう始末。説法が済んだ後で目を覚ました尼は、お布施の分け前を言い立て僧と争いになる。


解説&狂言二曲で2,000円!ひゃぁ~、チケットみんなこんくらいのお値段なら嬉しいんですけどねぇ。そのせいか、最近観に行った狂言公演と客層が違ったよぉな、、、。キャピっと若い娘さんっぽい方も結構いらっさいましたし、お子様連れのお母様もいらっさいましたです。

≫ Read More

| 野村さんあれこれ | 2008-10-14 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

2008年10月12日の某Aさん

最近気が付きました、うちのガキんちょ、自分の年齢を3歳だと思ってる。
もちょっとしたら、幼稚園の面接もあるしなぁ~、ってことで、
ちょっとお勉強してもらうことにしました。

相方&とぐろ「お名前は何ですか?」
ガキんちょ 「某Aさん」
相方&とぐろ「何歳ですか?」
ガキんちょ 「3歳」
相方&とぐろ「2歳だろっっ」
ガキんちょ 「・・・・・・・2歳・・・」
相方&とぐろ「おかぁちゃんの名前は?」
ガキんちょ 「とぐろちゃん」
相方&とぐろ「おとぉちゃんの名前は?」
ガキんちょ 「メタボちゃん

これまた爆笑です、だって間髪入れずなんだもん。

| ガキんちょ | 2008-10-12 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

観てきました♪『The Diver』

野田さんのお芝居、ちょっと難しいかも、、、と思いチケット購入を考えておりましたところ、雨利すゎんから「ポストトークの日だよん、もしかして萬斎さんかもぉ。」とのお誘いがぁ~。こりゃ外せませんっ!
劇場に入って「本日のポストトーク、野田秀樹さん×野村萬斎さん」の張り紙見てうっきっき~な私です。雨利すゎん、アリガトォー♪

『The Diver』
2008年10月2日(木)
19:00開演 20:20終演

作・演出:野田秀樹
出演:キャサリン・ターナー、ハリー・ゴストロウ、グリン・プリチャード、野田秀樹
囃子方:田中傳左衛門、福原友裕

あらすじ:
放火犯の疑いで逮捕された女を取調室で精神鑑定する医師。女は自分は源氏物語の登場人物だと主張し、「海人」や「源氏物語」の登場人物である葵の上、夕顔、六条御息所、また医師の母親など人格を次々と変えては医師の質問をかわす。正義実現のため自白の強要も辞さない警察署長、公正さを唱える検察官をまじえて物語が進んでいく。(どちらかのニュースサイトより)

≫ Read More

| 舞台を観る | 2008-10-11 | comments:4 | TOP↑

≫ EDIT

2008年10月9日の某Aさん

昨年12月から我が家の一員になった某Aさん2歳。
やっぱり何か記録って残したくなるもんなんですねぇ。

このブログは”自分の趣味のみ”のつもりでいたんですけど、
面倒くさがり屋な私、どっか別のところに記録残すなんでことはできそぉもありません。

ってことで、ココに書いちゃうことにしましたぁ。

早速、昨日(10/9)のこと。
最寄り駅に着いた相方から帰宅するとの電話連絡。
電話を切った途端、某Aさん「お車乗って迎えに行くぅーーっ!」と大泣き。
15分間泣き続ける某Aさん、その間に相方チャリで家に到着。
「ただいまぁ~」と玄関から入ってくる相方のところに駆け寄った某Aさん、
「おとぉちゃん、来ないでぇぇぇーーーっっ!」
と玄関の履きだしのところに素足のまま降りた某Aさん、相方をドアの外に押し出す。
訳の判らない相方はそのまま玄関のドアの外で目をパチクリ。
「おとぉちゃん、チャリで帰ってこれたんだからお車で迎えに行くことないぢゃんっての。」
何度言っても、そんなこと某Aさんたら聞きゃしない。

爆笑するしかないとぐろ。

その後どぉなったかとゆぅと・・・・・
「おとぉちゃんと一緒にアンパンマンチョコ食べるんでしょ?」
の一言で泣き止みました。。。
某Aさんにとって、おやつは最強らしぃです、はい。

| ガキんちょ | 2008-10-10 | comments:2 | TOP↑

≫ EDIT

もぉ英国?

久しぶりに長塚圭史さんの「完全素面日記」んとこ行ってみました。
あらっ、9月29日でもって

”第一部(なのかどうかわからないけれど)”



”完”

になってました、、、。
留学かな。
よりステキな長塚さんになって帰ってきておくんなまし、
待ってます♪

| うひひ他さん | 2008-10-10 | comments:2 | TOP↑

≫ EDIT

The 500 Greatest Movies of All Times

イギリスの映画雑誌EMPIREが、歴史上最高の映画ベスト500を発表してます。

読者1万人、ハリウッド映画関係者150人、映画評論家50人に歴史上最高の
映画についてアンケートを実施したそぉです。
EMPIREのwebサイトに、500位から1位までチョコッと映画の説明も加えて
写真付きで載ってます。

私の好きな映画も結構入ってて、なんだか嬉しいっ。
Kevin Spaceyさんご出演の映画も、「アメリカン・ビューティー(American Beauty)」、「ユージュアル・サスペクツ(The Usual Suspects)」などなど入っております。
んでも、一番驚いたのが「フェリスはある朝突然に」が100位以内にあることっ!
この映画、観ると絶対元気になれるのんですけど、日本では知らない方も多いかと
(今となっては結構古いし、、、)。

500位全部をチェックするの、結構大変ですね。

| 映画 | 2008-10-09 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

復活ってこってすっ。

パソコン、どぉにか直りましたぁ~。
って、相方に毎晩いぢくってもらって復活です。

急になくなっちゃうと、なんだか不安。
携帯もそぉですよね。

昔は無くて当然のものだったのに。

| 日々のあれこれ | 2008-10-09 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

パソコンが…

壊れました。

こないだはお絵描き道具の具合が悪くなっちゃって、
やっと直ったと思ったのにぃ~。 

| 日々のあれこれ | 2008-10-04 | comments:2 | TOP↑

≫ EDIT

観てきました♪『大和薪能』

前売当日、200席の指定席を狙って電話をしたら「並んでる人が沢山いるので電話での前売分の指定席チケットはありません」と言われた強烈に凹んだ公演。
その後、負けぢと自由席のチケットをgetしたんだった!すっかり忘れてた、当日の午後になってハッと気付きました、よかったぁ~。

市制50周年先駆け事業
『大和薪能』

2008年9月28日(日) 泉の森水上舞台
17:30開演 19:40終演

解説:石田幸雄

小舞「田植」
野村萬斎、地謡:月崎晴夫、深田治、高野和憲、竹山悠樹
あらすじ:
舞台は、五穀豊穣、子孫繁栄を祈る田植え神事。神主が五穀豊穣を祈るために、早乙女達を呼び集め田植えを命じます。神主と早乙女達が田植え歌をかわしつつ、時には神主のからかいに腹を立てたりしながら賑やかに田植えは進んでいきます。

火入れの儀

狂言「千切木」
太郎:野村万作、当屋:野村万之介、太郎冠者:月崎晴夫、立衆:深田博治、高野和憲、竹山悠樹、中村修一、妻:石田幸雄、後見:岡 聡史
あたすじ:
連歌の会に誘われなかった太郎冠者が仲間はずれにされたことに腹を立て、連歌の会に乱入し邪魔をします。怒った人々は、太郎を袋叩きにし放り出します。事件を聞いた太郎の妻は、しぶる太郎に無理やり千切木を持たせ、夫婦揃って仕返しに出かけます。訪れる先は皆留守。留守と聞いて威勢が良くなる太郎と、それを喜んで見ている妻。謡でしめて夫婦仲良く家路に着きます。

能「船弁慶 前後之替」
静御前/平知盛の霊:観世銕之丞、源義経:伊藤嘉寿、武蔵坊弁慶:森 常好、従者:舘田義博、森常太郎、船頭:野村萬斎、他
あらすじ:
頼朝から逃れる旅を続ける義経は、弁慶の薦めによりj静御前を都へ帰すことに泣く泣く承諾します。二度と会えない永遠の別れと知りながら、静はこれを承知し別れの舞を踊り都へ帰っていきます。
義経一行が船出すると、突然風が荒れ始め船頭の努力もむなしく船が波にもまれるうちに、平知盛をはじめとする平家の怨霊が波間に現れます。怨霊は薙刀を振るい義経に遅いかかります。弁慶の懸命な読経により力を弱めた知盛は海の彼方へ消えて行きます。


初めての薪能。いまにも雨が降ってきそぉなお天気で、「船弁慶」の前に予定されてた20分の休憩がカット。観ている間、ザーッって降ってこないかハラハラ・・・でもおかげさまでギリギリ濡れずにすみました。

≫ Read More

| 野村さんあれこれ | 2008-10-02 | comments:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT |