ぐ~たらばんざい♪

ご贔屓さん中心の狂言・演劇の感想、ガキんちょの成長記録や落書きざんす。

2008年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年10月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | -------- | comments(-) | TOP↑

≫ EDIT

萬斎さん新CM

巷で密かに(?)話題になっておりました野村萬斎さんのCM出演。
ファンクラブ会報に「秋から」とあり、
「さて、一体”秋”とはいつのことぞや?」と思っておりましたが、
とうとう本日こちらで発表となりました。

何事にも妥協せず自らを高め続けるプロフェッショナルの姿を描いたとのこと。
CMで流れるのは、稽古風景『蝸牛』と、京都の金剛能楽堂で行われた
本番の舞台風景『舟渡聟』と『弓矢太郎』だそうです。

10月13日(月)より全国放映開始
ほんの数秒といえども楽しみです。

追記***
こちらには撮影合間のインタビューもっ!
スポンサーサイト

| うひひ CM | 2008-09-30 | comments:4 | TOP↑

≫ EDIT

10番めぢゃんっ!

10月11日(土)からスタートの『ブラッディ・マンデイ』
田中哲司さんも三浦春馬クンのお父様役で出演されます。

そんなタナテツさん
9月27日(土)にTBSで放送された
『オールスター感謝祭 '08秋 超豪華!クイズ決定版』にもご出演。
そんでもって、200人中10番目の素晴らしい成績でございましたっ。
祝!!

この番組、てんでツマラナイんだもん、
ワケわかんない人達がドタバタ、グチャグチャしてるばっかりで。
それに、司会を勤めてらしたのが私の大嫌いな方だったので、
最初からは見てなかったのですが、、、。


やっぱ、タナテツさん出てらっさるし、たまにはチョコっと映るかもしんないもんね。
途中から見たけど、意外に映ってらした。
そのたんびに画面にはホワンとした空気が。。。
10位って知った時はご自分でも驚いてらっさいましたね♪
やっぱ素敵ですルルル、パイパーったら頑張ってチケットgetしなければっ!

| うひひバラエティ | 2008-09-29 | comments:2 | TOP↑

≫ EDIT

観てきました♪『狂言ござる乃座-40th Anniversary-』

今更ですが、万作の会主催公演には「万作を観る会」、「狂言ござる乃座」、「野村狂言座」、「よこはま万作・萬斎の会」、「狂言ざゞん座」があり、それぞれに意味目的があるとのこと。今年夏前あたりから狂言を見始めた私、そんなこと全く気付かず日程と場所で観る公演を決めておりました、、、ははは。
今回拝見した『狂言ござる乃座』は20年も続いてるんですね、すごいっ。そして、、、初めての宝生能楽堂、地図を確認したにもかかわらず、能楽堂と全く反対に歩いた私であります。

『狂言ござる乃座 -40th Anniversary-』
2008年9月25日(木) 宝生能楽堂
19:00開演 21:00終演(休憩20分)

狂言「咲嘩」
太郎冠者:野村萬斎、主:石田幸雄、咲嘩:野村万之介、後見:破石晋照
あらすじ:
連歌の初心の会を開く当番に主人が当たる。都に住む伯父に宗匠を頼もうと太郎冠者を使いに出す。心躍らせながら初めて都を訪れた太郎冠者は、主人の伯父をどこに訪ねればよいか顔も知らないことに気付く。大声で伯父を探すうち、名乗りを上げる者がいた。連れて帰ると、主人にあれは見乞の咲嘩という有名な盗人であると言われて、、、。

素囃子「盤渉楽」
太鼓:亀井広忠、小鼓:幸 正昭、太鼓:金春國和、笛:松田弘之

狂言「歌仙」
柿本人丸:野村万作、僧正遍照:野村萬斎、参詣人:竹山悠樹、在原業平:深田博治、小野小町:高野和憲、猿丸太夫:月崎晴夫、清原元輔:石田幸雄、地謡:中村修一、破石晋照、野村万之介、加藤 聡、時田光洋、後見:岡 聡史、野村良乍
あらすじ:
和歌を嗜む都の者が和歌の神である玉津島明神に参詣し、歌仙を描いた絵馬を奉納して通夜をする。すると、柿本人丸・僧正遍照・小野小町・在原業平・猿丸太夫・清原元輔という歌仙たちが、和歌の徳を讃えつつ絵馬から抜け出てくる。名月のもと探り題による歌合をすることとなり、一同はそれぞれ猿丸太夫の用意した難題を引き当てる。歌を詠み合ううち、小町との仲をからかわれた遍照は腹を立てて、、、。

≫ Read More

| 野村さんあれこれ | 2008-09-27 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

ちょっと遅めの夏休み

数日間、遠出をしておりました。

んなわけで、観劇の感想やいたらいたコメントへのお返事などなど遅れておりますが、
明日よりぼちぼちアップしてまいりたいと思います。

が、明日は、先日どぉにかチケットをgetすることができました
『歌舞伎座百二十年 芸術祭十月大歌舞伎』のチケットの引き換えと、
その後観劇予定があります。
とゆぅことで、アップは明後日以降になりそぉです、はい。

| 日々のあれこれ | 2008-09-25 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

観てきました♪『萬斎 イン セルリアンタワー8』

初めてのセルリアンタワー能楽堂。地下なのね、セルリアンタワー内でプチ迷子になりました。お席少なめ、舞台が近いと聞いてはおりましたが、ホントにホント、こじんまりとした見所でございます。

『萬斎 イン セルリアンタワー8』
2008年9月18日(木) セルリアンタワー能楽堂
19:00開演 20:40終演(休憩15分)

解説:野村萬斎

狂言「長光」 すっぱ:深田博治、田舎者:高野和憲、目代:野村万之介、後見:時田光洋
あらすじ:
ある男が故郷への土産を買おうと賑やかな市を見物して歩いていると、男の太刀に目をつけたすっぱ(詐欺師)が近づいてくる。すっぱは隙をみて太刀を自分の物のようにするが、気付いた男と言い争いになる。そこへ目代が仲裁に入り、それぞれに太刀の特徴を言わせると、すっぱは男の話を盗み聞きなんとか対応する。それに気付いた男が太刀の長さを小声で言うと、聞き取れずに困ったすっぱは・・・。

狂言「宗論」 浄土僧:野村萬斎、法華僧:石田幸雄、宿屋:月崎晴夫、後見:岡 聡史
あらすじ:
法華僧が身延山から帰る途中、善光寺帰りの浄土僧と道連れになるが、互いに犬猿の仲の宗派と知り自分の宗旨に改宗せよと言い争う。嫌気がさした法華僧は口実を設けて別れようとするがそれもかなわない。たまらなくなって宿に逃げ込むが、後から浄土僧も追って入り今度は宗論(教義問答)を始める。二人は次第にむきになって・・・。


ひひひぃ~、久しぶりに萬斎さんのお姿を拝みにまいりましたぁ。
ぴゃっ、3ヶ月ぶりかぃ!?

≫ Read More

| 野村さんあれこれ | 2008-09-19 | comments:6 | TOP↑

≫ EDIT

おめでとイチロー選手♪

17日、ロイヤルズ戦にてメジャー史上2人目の8年連続200本安打達成!!

前日の試合終了時点で197本。
ここんとこ、毎試合コツコツと1安打で打ち溜めてきましたが、
昨日の試合で3本のかため打ちっ。

3本目はボテボテの当たりでご本人曰く「あぁ、ヒットになっちゃうぅ~!」と思ったらしぃですが、”これぞイチロー選手”な内野安打で107年ぶりとなる偉業を見事達成されましたぁ。
おめでとうございますっっ!

今シーズンはあと12試合かな?
チームは相変わらず調子よくないけど、怪我しないよぉにシーズンを終わらせてくださいな。

| スポーツあれこれ | 2008-09-18 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

萬斎さんのドラマ・リーディング

先日、世田谷パブリックシアターでお芝居観た時にチラシいたらいて「ヒャッ!」。
観たい聴きたいっ♪
チケット1000円と格安ですが、抽選だわぁ~
SePTサイトにも載ってますね。

ドラマ・リーディング30
<上演にむけてのリーディング>
『マクベス』


2008年10月28日(火) 15:00~、19:00~

テキスト:W.シェイクスピア作 河合祥一郎訳 『マクベス』より
演出:野村萬斎
出演:秋山菜津子、高田恵篤、福士惠二、小林桂太、野村萬斎

京都での『繻子の靴』に行けなかったですから、、、。
今回は是非是非観に聴きに行きたいですっ。
しかも、共演する役者さんの中には『わが魂は輝く水なり』でも共演されてた
秋山菜津子さんもいらっさるってんだから。

| 田中さんあれこれ | 2008-09-17 | comments:2 | TOP↑

≫ EDIT

観てきました♪『偶然の音楽』

チラシのデザインに惹かれ、出演される役者さんの中に大森博史さんのお名前を発見し、観に行こうと思ったお芝居です。

『偶然の音楽』
2008年9月15日(月) 世田谷パブリックシアター
14:00開演 16:15終演

原作:ポール・オースター
構成・台本・演出:白井 晃
出演:仲村トオル、田中 圭、三上市朗、大森博史、小宮孝泰、櫻井章吾、初音映莉子、岡 寛恵

美しい音楽と美しいセット、決して爽やかではないラストなのに何故か透き通った空気が流れているよぉな舞台でした。

感想は後日。

| 舞台を観る | 2008-09-16 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

観てきました♪『悪夢のエレベーター』

ブログ小説でテレビドラマもやってたんですね、全く知らずにナマの吹越さんを観てみたいのとシアタートラムでお芝居観てみたいってのでチケット買いました。

『悪夢のエレベーター
2008年9月13日(土) シアタートラム
19:00開演 21:15終演

原作・脚本:木下半太
演出:ダンカン
出演:吹越満、片桐仁、中村倫也、高橋真唯、鬼塚俊秀、羽鳥由記

あらすじ:
小川が後頭部に強烈な痛みを感じながら目を覚ますと、そこは急停止したエレベーターの中。一緒に乗り合わせていたのは、見るからに怪しいヤクザ風の男富永、オタクのような男槙原、そしていかにも訳あり風な女子高生のカオル。エレベーターのボタンはどこを押しても全くの無反応。しかも誰も携帯を持っておらず外部に助けを求められない状態であることが判明。小川は妊娠中の妻から「産まれそう」のSOSを受け、急いで帰宅せねばならないのに・・・。絶対関わりたくないメンバー同士がエレベーターに閉じ込められ。携帯も時計もない中で停電まで・・・。(パンフレットより)


なんか、、、、このお芝居ってもしかしてストーリー知らずに見た方が面白いですよねぇ。あらあら、あらまぁ~、そぉきたか、、、と思ってるうちに終わっちゃった。以下、少々ネタバレ気味です。

≫ Read More

| 舞台を観る | 2008-09-14 | comments:6 | TOP↑

≫ EDIT

チケットねぇ~・・・

まずはgetのお話。。。
ガキんちょの幼稚園入園説明会、、、10時半からだとゆぅのに、やっぱ始まんねぇ~よキッカリ時間には。ですよねぇ~、皆さん何考えてるか判らない子供連れてんだもん、そんな時間通りになんかいくはずないよねぇ。ってことで、やっとこさ始まったのが10時45分過ぎ。11時10分には終わる予定だっつぅんだけど、、、全然終わらないっ!あたしゃ、時計と睨めっこですよっ「早く終われぇ~~。」

ってのも、今日は12時からチケット発売。
WEBと電話で2重攻撃しなきゃぁいかんのですっ。

11時40分にやっと終わり、託児室で一番デカいぬいぐるみをgetしてずぅ~~っと抱きしめてたらしぃ我がガキんちょを引き取り、「滑り台やりたい」「あっ、そっ」と相方にまかせ一人爆走で帰宅。

12時、WEBですんなりサイトに入れたと思ったら空席6個くらいしかないぢゃんっ。しかもすんごい後ろの席っっ。「えぇ~~、、、!?」と戸惑っているうちに、みるみる席はなくなり満席に、、、。うっそぉーー、汗だくで走って帰ってきたのにぃーーーっっ。でもね、30分程してもぉ1度サイト覗いてみたら、出てきました前の方で空席が!フゥ~、良かった良かった、とりあえず舞台上のお顔は拝めそうです、ひひひ♪

そしてこちらは。。。
ずいぶん前に、購入したお芝居のチケット。その後、出演される役者さんのインタビュー等を目にし、行きたくなくなった、、、。ごめんなさい~、、、、苦手なんです親○○発言平気でする人。嫁ぎ先めっけよぉ、そぉしよぉ、、、って、すっげぇ売りに出されてんぢゃんこのお芝居っ、うげぇーーー。
専業主婦、お財布の中身には限度もあるし、これからはしっかりと考えてから購入いたします、、、。

| 日々のあれこれ | 2008-09-13 | comments:4 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。