ぐ~たらばんざい♪

ご贔屓さん中心の狂言・演劇の感想、ガキんちょの成長記録や落書きざんす。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | -------- | comments(-) | TOP↑

≫ EDIT

観ました♪よこはま「万作・萬斎の会」

『第十一回 よこはま「万作・萬斎の会」』
2010年5月8日(土) 横浜能楽堂
14:00開演 15:50終演(休憩15分)

◆素囃子『男舞』
大鼓:柿原光博、小鼓:鳥山直也、笛:松田弘之

◆狂言『法師ヶ母』
夫:野村万作、妻:石田幸雄、地謡:竹山悠樹、高野和憲、野村萬斎、深田博治、岡 聡史、後見:月崎晴夫

◆狂言芸話(十一) 野村万作

◆狂言『咲嘩』
太郎冠者:野村萬斎、主:高野和憲、咲嘩:野村万之介、後見:岡 聡史


狂言を観るの、久しぶりです。
そして、久しぶりなのにノッケから舟漕いでしましました、、、スンマセン
休憩の時間に目を覚まして万作さんの芸話に臨む。万作さんのお話は楽しいです、今回は「親の芸は兄弟のうち弟に似る傾向にある。子供達は師匠である親を見上げてた、今のうちはこ~ですが(とジェスチャー)」等々、かなり笑いました。『咲嘩』は萬斎色の超お○か太郎のおかげで可愛らしく憎めない万之介咲嘩がとんでもない体験をする「バッカぢゃないの~!」と指差して笑いたくなるお話。あんな太郎冠者を持った主人も大変ですねぇ~
横浜能楽堂、、、とぐろにとっては、これからは汗対策が必要になる上り坂なのでございます
スポンサーサイト

| 伝統芸能を観る | 2010-05-08 | comments:2 | TOP↑

≫ EDIT

観ました♪『ござる乃座43rd』

『ござる乃座43rd』
2010年3月31日(水) 国立能楽堂
19:00開演 20:50終演(休憩15分)

◆小舞「海人」:野村萬斎

◆小舞「鐡輪」:野村万作

◆狂言「墨塗(すみぬり)」
大名:野村万之介、太郎冠者:野村遼太、女:石田幸雄、後見:破石晋照

◆狂言「水汲(みずくみ)」
新発意:野村万作、いちゃ:野村萬斎、後見:竹山悠樹

◆狂言「賽の目(さいのめ)」
聟:野村萬斎、舅:石田幸雄、太郎冠者:月崎晴夫、聟:深田博治、聟:高野和憲、聟:破石晋照、後見:野村遼太


なんだか狂言を観るの久しぶりな気がします。凛とした小舞あり、ドリフっぽいドタバタあり(とぐろ的に)とワハハ笑わせていたらきました。

| 伝統芸能を観る | 2010-03-31 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

観ました♪『野馬台の詩』

国立能楽堂特別企画公演
新作能『野馬台の詩(やまたいのうた)』-吉備大臣と阿部仲麻呂-
2010年3月24日(水) 国立能楽堂
13:00開演 14:40終演

脚本:小田幸子
演出・節付:梅若六郎
演出:野村萬斎
制作・初演:国立能楽堂

出演
吉備真備:野村萬斎、阿倍仲麻呂:梅若玄祥、皇帝:野村万作、蜘蛛の精:野村裕基、通辞:石田幸雄、他


あらすじ
唐に着くなり幽閉された遣唐使吉備真備の前に、唐で没した阿倍仲麻呂が鬼となって現れる。仲麻呂の教えのおかげで皇帝から課せられた試練、文選の読解、囲碁の勝負を切り抜ける吉備だが、日本の未来を予言した「野馬台詩」の読み上げは乱行不同のため読むことができなない。神仏に祈念する吉備の前に蜘蛛の精が現れ吉備は窮地を脱する。軽々と逆境を乗り越え「野馬台詩」を日本に持ち帰ろうとする吉備と、唐で果て無念の鬼となった仲麻呂が野馬台詩を奪い合いを始めると時間軸が狂い、吉備は一人「時間の穴」に落ち込んでしまう。そこは草茫々たる野辺だった。

≫ Read More

| 伝統芸能を観る | 2010-03-24 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

観ました♪『観世九皐会 百周年記念特別公演』

『観世九皐会 百周年記念特別公演』
2010年2月28日(日) 矢来能楽堂
13:00開演 ???終演

◆『翁』
長沼範夫、三番叟:野村萬斎、面箱:高野和憲、千歳:桑田貴志

◆狂言『鍋八撥』
野村万作、深田博治、野村万之介


この後、仕舞と能がありました、省略してスイマセン。
私は夕方から抜けられない用事がでけてしまい、最初の曲『翁』のみを観て帰ってまいりました、、、『鍋八撥』も観たかったッス。
萬斎の三番叟、やはり素敵ざんす。素敵なものは何度観てもイィざんすねぇ~。

| 伝統芸能を観る | 2010-02-28 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

観ました♪『IMAホール狂言会』

『IMAホール狂言会』
2010年2月11日(木・祝) IMAホール
18:00開演 19:50終演

◆解説:野村萬斎

◆狂言「鐘の音」
野村万作、深田博治

◆狂言「宗論」
野村萬斎、石田幸雄、高野和憲


「宗論」はやはり面白いですね。「鐘の音」後見の○○さん、舟漕いでたぞ~~。

| 伝統芸能を観る | 2010-02-11 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

観ました♪『萬斎インセルリアンタワー9』

『萬斎インセルリアンタワー9』
2009年11月4日(水) セルリアンタワー能楽堂
19:00開演 

◆解説 野村萬斎

◆狂言『文山賊(ふみやまだち)』
山賊:石田幸雄、山賊:深田博治、後見:岡 聡史

◆狂言『釣針(つりばり)』
太郎冠者:野村萬斎、主:野村万之介、妻:月崎晴夫、腰元:竹山悠樹、深田博治、中村修一、岡 聡史、乙:高野和憲、後見:時田光洋

| 伝統芸能を観る | 2009-11-04 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

観ました♪『万作を観る会』

一週間ほとんど家にいて、出掛けると言っても近所のスーパーか又は都会とは反対の方。
久しぶりに都会に出たら、世間の皆さん、もうほとんどと言っていいくらいブーツ姿でありました。
何事も遅出遅れ気味な私、こないだしまったばっかりのブーツ、また出さなくちゃ。。。

『万作を観る会』
2009年10月18日(日) 国立能楽堂
14:00開演 16:10終演(休憩20分)

◆連吟『鳴子』
破石晋照、竹山悠樹、深田博治、高野和憲、月崎晴夫

◆素囃子『安宅 滝流』
大鼓:亀井忠雄、小鼓:幸 正昭、笛:一噌仙幸

◆袴狂言『釣狐 前』
白蔵主:野村万作、猟師:野村萬斎、後見:石田幸雄、深田博治

◆狂言『止動方角』
太郎冠者:野村萬斎、主:石田幸雄、馬:野村遼太、伯父:野村万之介、後見:竹山悠樹


抽選だのでかなり後方席でしたが、能楽堂って広くないからしっかり観えて嬉しいザンス。

| 伝統芸能を観る | 2009-10-18 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

観ました♪『ござる乃座 42nd』

『狂言 ござる乃座 42nd』
2009年9月5日(土) 国立能楽堂
14:00開演 15:55終演

◆『蝸牛』
山伏:野村萬斎、主:野村遼太、太郎冠者:野村裕基、後見:深田博治

◆『月見座頭』
座頭:野村萬斎、上京の者:石田幸雄、後見:月崎晴夫

◆『附子』
太郎冠者:野村万作、次郎冠者:野村万之介、主:高野和憲、後見:竹山悠樹


出掛けに某Aさんに大泣きされ、参りました
でも、置いて出るお母ちゃん、冷たいのよ私。
そして、にこりんぼさんと公演後におしゃべり会だもんね、ヒヒヒ。

でもって、またまた感想は後日、、、、たまりまくってます。

| 伝統芸能を観る | 2009-09-05 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

観ました♪『KYOGEN(狂言)ノススメ その八』

野村万作監修 WORKSHOP
『KYOGEN(狂言)ノススメ その八』
2009年8月29日(土) セルリアンタワー能楽堂
14:00開演 16:00終演(休憩15分)

◆おはなし
野村万作

◆狂言ワークショップ
深田博治、月崎晴夫

◆狂言『鐘の音』
太郎冠者:高野和憲、主:岡 聡史、後見:月崎晴夫

◆狂言『磁石』
すっぱ:深田博治、田舎者:竹山悠樹、宿屋:月崎晴夫、後見:岡 聡史


脇正面席後方に空席が目立ちました。
萬斎さんが出演されないからでしょかね?

感想、後ほどです。

| 伝統芸能を観る | 2009-08-29 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

観ました♪『万作・狂言十八選 第十回』

ひょぁ~、狂言も1ヶ月ぶりでございますのヨン。

『万作・狂言十八選 第十回』
2009年8月11日(火) 東京芸術劇場 中ホール
19:00開演 20:45終演

◆法螺侍
洞田助右衛門:野村万作、太郎冠者:野村萬斎、次郎冠者:深田博治、焼兵衛:月崎晴夫、お松:石田幸雄、お竹:高野和憲、後見:岡 聡史
笛:一噌幸弘、太鼓:桜井 均

◆茸
山伏:野村萬斎、何某:野村万之介、茸:月崎晴夫、中村修一、岡 聡史、竹山悠樹、野村裕基、野村遼太、高野和憲、時田光洋、鬼茸:石田幸雄、後見:野村良乍


平日だから迷ってた公演ですが、『法螺侍』の再演ですもんね、にこりんぼさんとご一緒いたしましたぁ~。

感想は後ほど。
貯めております、、、、。

| 伝統芸能を観る | 2009-08-11 | comments:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。