ぐ~たらばんざい♪

ご贔屓さん中心の狂言・演劇の感想、ガキんちょの成長記録や落書きざんす。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | -------- | comments(-) | TOP↑

≫ EDIT

観ました♪『ファウストの悲劇』初日

チケット発売日から2週間以上もたってましたが、やっぱ初日に観てみたいしぃ~なんて思ってたら意外に残ってました。
で、観に行ってまいりました。

ファウストの悲劇
2010年7月4日(日) シアターコクーン
19:00開演 21:55終演(休憩15分)


カーテンコールではスタンディングオベーションでしたヨ、えぇ~
原作を借りたのに読まないまま当日になってしまった私、、、。河合センセがどれだけアレンジしたのか判りませんが、私ったら超シリアスもんかと思ってたので、ちょっと腰砕け気味。
勝村さんを舞台で観るのが初めてですが、良い声されてますねぇ~。お目当てのひとり、長塚さんはかなり短時間の出演で、なんか物足りない私。超お目当ての萬斎さんは、熱演されてましたけどまだ3分の1くらいしか出せてないよ~な印象でした。常にマントだかロングコートだか着てて首から下が隠れちゃってるし、、、。あ、素敵なタンゴは観れました、アレは萬斎さん魅せる為の演出ですか?中日、楽日近くも観るので、その辺りでどんな感じになってるのかいろんな意味で期待いたしまする。
スポンサーサイト

| 舞台を観る | 2010-07-04 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

観ました♪『野馬台の詩』

国立能楽堂特別企画公演
新作能『野馬台の詩(やまたいのうた)』-吉備大臣と阿部仲麻呂-
2010年3月24日(水) 国立能楽堂
13:00開演 14:40終演

脚本:小田幸子
演出・節付:梅若六郎
演出:野村萬斎
制作・初演:国立能楽堂

出演
吉備真備:野村萬斎、阿倍仲麻呂:梅若玄祥、皇帝:野村万作、蜘蛛の精:野村裕基、通辞:石田幸雄、他


あらすじ
唐に着くなり幽閉された遣唐使吉備真備の前に、唐で没した阿倍仲麻呂が鬼となって現れる。仲麻呂の教えのおかげで皇帝から課せられた試練、文選の読解、囲碁の勝負を切り抜ける吉備だが、日本の未来を予言した「野馬台詩」の読み上げは乱行不同のため読むことができなない。神仏に祈念する吉備の前に蜘蛛の精が現れ吉備は窮地を脱する。軽々と逆境を乗り越え「野馬台詩」を日本に持ち帰ろうとする吉備と、唐で果て無念の鬼となった仲麻呂が野馬台詩を奪い合いを始めると時間軸が狂い、吉備は一人「時間の穴」に落ち込んでしまう。そこは草茫々たる野辺だった。

≫ Read More

| 伝統芸能を観る | 2010-03-24 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

観ました♪『ござる乃座 42nd』

『狂言 ござる乃座 42nd』
2009年9月5日(土) 国立能楽堂
14:00開演 15:55終演

◆『蝸牛』
山伏:野村萬斎、主:野村遼太、太郎冠者:野村裕基、後見:深田博治

◆『月見座頭』
座頭:野村萬斎、上京の者:石田幸雄、後見:月崎晴夫

◆『附子』
太郎冠者:野村万作、次郎冠者:野村万之介、主:高野和憲、後見:竹山悠樹


出掛けに某Aさんに大泣きされ、参りました
でも、置いて出るお母ちゃん、冷たいのよ私。
そして、にこりんぼさんと公演後におしゃべり会だもんね、ヒヒヒ。

でもって、またまた感想は後日、、、、たまりまくってます。

| 伝統芸能を観る | 2009-09-05 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

観ました♪『万作・狂言十八選 第十回』

ひょぁ~、狂言も1ヶ月ぶりでございますのヨン。

『万作・狂言十八選 第十回』
2009年8月11日(火) 東京芸術劇場 中ホール
19:00開演 20:45終演

◆法螺侍
洞田助右衛門:野村万作、太郎冠者:野村萬斎、次郎冠者:深田博治、焼兵衛:月崎晴夫、お松:石田幸雄、お竹:高野和憲、後見:岡 聡史
笛:一噌幸弘、太鼓:桜井 均

◆茸
山伏:野村萬斎、何某:野村万之介、茸:月崎晴夫、中村修一、岡 聡史、竹山悠樹、野村裕基、野村遼太、高野和憲、時田光洋、鬼茸:石田幸雄、後見:野村良乍


平日だから迷ってた公演ですが、『法螺侍』の再演ですもんね、にこりんぼさんとご一緒いたしましたぁ~。

感想は後ほど。
貯めております、、、、。

| 伝統芸能を観る | 2009-08-11 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

観ました♪『狂言劇場 その六』Bプログラム

舞台芸術としての狂言
『狂言劇場 その六』
2009年6月27日(土) 世田谷パブリックシアター
14:00開演 15:35終演(休憩20分)

【Bプログラム】
<面を着ける召使いの狂言>
◆『清水』
太郎冠者:野村万作、主:深田博治、後見:岡 聡史

◆能楽囃子
笛:松田弘之、小鼓:田邊恭資、大鼓:亀井広忠、太鼓:小寺真佐人

<面を使う狂言>
◆『博打十王』
博打打:野村萬斎、閻魔大王:石田幸雄、前鬼:高野和憲、後鬼:月崎晴夫、
鬼:竹山悠樹、鬼:時田光洋、鉄杖鬼:野村万之介、
笛:松田弘之、小鼓:田邊恭資、大鼓:亀井広忠、太鼓:小寺真佐人、
後見:深田博治、岡 聡史


番組表です。

| 伝統芸能を観る | 2009-06-27 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

観ました♪『狂言劇場 その六』Aプログラム

舞台芸術としての狂言
『狂言劇場 その六』
2009年6月24日(水) 世田谷パブリックシアター
19:00開演 21:00終演(休憩20分)

【Aプログラム】
<二人の主人を一度にもつ狂言>
◆『二人大名』
通りの者:野村万作、大名:高野和憲、大名:深田博治、後見:月崎晴夫

◆『縄綯』
太郎冠者:野村萬斎、主:野村万之介、何某:石田幸雄、後見:岡 聡史

◆能楽囃子
笛:一噌隆之、小鼓:鵜澤洋太郎、大鼓:亀井広忠

<面を使う狂言>
◆『雷』
雷:野村萬斎、藪医者:石田幸雄、
地謡:岡 聡史、月崎晴夫、深田博治、高野和憲、時田光洋、
笛:一噌隆之、小鼓:鵜澤洋太郎、大鼓:亀井広忠、後見:竹山悠樹


番組表のみですが、、、。

| 伝統芸能を観る | 2009-06-24 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

観ました♪『横浜狂言堂』

雨降るかと思ってたら陽が出たりなんかしてまして、日傘忘れて、また汗ダクダクでした。

横浜能楽堂普及公演『横浜狂言堂』
2009年6月14日(日) 横浜能楽堂
14:00開演 15:35終演

◆お話
出演:高野和憲

◆『二千石』
主:石田幸雄、太郎冠者:野村万之介、後見:中村修一

◆『蝸牛』
山伏:高野和憲、主:野村万之介、太郎冠者:野村萬斎、後見:時田光洋


感想は後ほど・・・

| 伝統芸能を観る | 2009-06-14 | comments:2 | TOP↑

≫ EDIT

やっと観た再放送版『国盗人』

風邪ひいてんだから寝ればいぃのに、金曜日。
野村万作さんご出演の「生活ほっとモーニング」の後、観ちゃったよ録画した再放送版『国盗人』。
観たい観たいと思いながらもチビチビと途切れ途切れにしか観れてなかったもんですから、やっぱ最初からちゃぁ~んとぶっ続けで観たいダス、カットしまくりだといってもに。
だって、生舞台やってた時期は、私は他のもの追ってましたから。

面白かったっ。
カットされてても面白かったです。
ギューーーッッと演出の野村萬斎さん、やりたいこと詰め込んだ感じでゲップが出そ~になっちゃいました。
今年12月に再演予定とのことで、レクチャーん時に萬斎さん「余分なところそぎ落としてスッキリさせて再演したい」と語ってらしたので、とても楽しみです。
萬斎さんノリノリで歌って踊る場面は、私が舞台にハマるモトとなった『朧の森に棲む鬼』のいのうえ歌舞伎みたいでした、この1作品しか観てないけど、しかもゲキシネで生ぢゃぁないけど。
ここは再演でも残してくらさいますよね、お願いします。

『アル・パリーノのリチャードを探して』をまた観たくなりました。
石田さん演じた久秀にあたるバッキンガム公をケヴィン・スペイシーが演じてるんダス。
悪三郎(リチャード三世)に足蹴にされる場面は印象的ダス。

それにしても、この『国盗人』をこないだの『六道輪廻』、同じ人間が演出したとは思えず。
長い期間かけて自分の中でじっくりじっくり暖めて&吟味してきた作品と、そ~でない作品の違いでしょ~か。
12月が楽しみです、チケットget頑張らねば。

| 舞台あれこれ | 2009-06-06 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

観ました♪『第四回狂言ざゞん座』

『第四回狂言ざゞん座 目黒で二時』
2009年5月23日(土) 喜多六平太記念能楽堂
14:00開演 16:18終演

◆小舞『海道下り』
出演:中村修一、地謡:野村万作、月崎晴夫、破石晋照、野村遼太

◆解説
出演:竹山悠樹

◆『萩大名』
大名:深田博治、太郎冠者:岡 聡史、亭主:石田幸雄、後見:野村万之介

◆素囃子『早舞』
笛:小野寺竜一、小鼓:田邊恭資、大鼓:大倉慶之助、太鼓:梶谷英樹

◆『朝比奈』
朝比奈:高野和憲、閻魔:月崎晴夫、地謡:野村萬斎、深田博治、野村遼太、
中村修一、後見:野村万作

◆『文荷』
太郎冠者:竹山悠樹、主:野村万之介、次郎冠者:破石晋照、後見:野村萬斎


予定の開場時間より多分遅れて開場になった感がありましたが、
能楽堂の中に入ると入口辺りに見たことあるお姿が。
月崎さんぢゃんっっ!
もう開演まで20分程しかないんでないの?
今日は大役の閻魔様やるのに、こんな時間までそんなとこに居ていぃんですかっ

≫ Read More

| 伝統芸能を観る | 2009-05-23 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

観ました♪第十回よこはま『万作・萬斎の会』

5月初旬でこの暑さかぃ!?
暑がり&汗かきだものですから、汗ダラダラになって紅葉坂を歩きました。。。

第十回よこはま『万作・萬斎の会』
2009年5月9日(土) 横浜能楽堂
14:00開演 16:10終演

◆解説:石田幸雄

◆狂言『茶子味梅』
唐人:野村万作、女:高野和憲、教え手:野村万之介、後見:深田博治

◆狂言芸話(十):野村万作

◆素囃子『神舞』
大鼓:原岡一之、小鼓:鳥山直也、太鼓:大川典良、笛:成田寛人

◆狂言『鬮罪人』
太郎冠者:野村萬斎、主:石田幸雄、立衆:野村万之介、深田博治、高野和憲、竹山悠樹、中村修一、岡 聡史、後見:月崎晴夫、時田光洋

≫ Read More

| 伝統芸能を観る | 2009-05-09 | comments:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。